TOYPは、1938年に米国青年会議所によって始まったTOYM(Ten Outstanding Young Men=10人の傑出した(アメリカの)若者たち)が起源です。
国際青年会議所(JCI)では1983年からTOYP(Ten Outstanding Young Persons=10人の傑出した若者たち)が主要事業として始まり、現在ではTOYP(The Outstanding Young Persons=傑出した若者たち)として継承されています。
公益社団法人日本青年会議所では1987年から「TOYP(The Outstandhing Young Persons)大賞」として事業を開始し、2001年から名称を「人間力大賞(青年版国民栄誉賞)」と変更していましたが、2019年に改めて「JCI JAPAN TOYP」へ名称を変え、継続して行ってきました。
「JCI JAPAN TOYP」は、青年版国民栄誉賞としての位置づけを残しつつ、環境、医療、経済、政治、科学技術、文化・芸術、スポーツなどのあらゆる分野において、社会に持続的なインパクトを与えることのできる可能性を秘めた「傑出した若者(=地域に好循環を起こす若者)」を発掘し、さらなる活躍を期待して国民全体で応援する機運を広げます。
そして、私たちJCメンバーとともに未来を担う20歳から40歳までの地域に好循環を起こす若者たちを、JCITOYPの日本代表として世界に向けて発信することで、日本のみならず世界をより良く変えていける人財へと導き、ひいては活力ある地域、国づくりへとをつなげることを目的とし、受賞者の中から2021年度の日本代表候補者としてJCITOYPに申請をいたします。

受賞者は2021年のJCI TOYPへ日本代表としてエントリー予定!

JCI JAPAN TOYP 2021 選考委員会

 

 

PAGE TOP
MENU