三股町

活動宣言

『 子育ての幸せを実感できるまち みまた 』

三股町長 木佐貫 辰生

アクションプラン

ACTION01

三股町では、こども・子育てに関する政策パッケージとして、妊娠期から子育て期にわたる切れ目のない支援を提供していきます。

① 子育て世帯の経済的負担軽減を図ります。

◆ 『 保育サービスの充実/保育料 』
   〇 制度上第一子 無償化(令和5年度 9月~)
 ◆ 『 中学校の給食費の無償化 』
   〇 三股中学校に在籍している生徒が対象  940名/5月1日現在
 ◆ 『 子ども医療費の助成 』
   〇 乳幼児
    外来:無料  入院:無料  薬局:無料
   〇 小学生・中学生
    外来:1人、1カ月、1医療機関ごとに200円の自己負担
    入院:無料  薬局:無料
 ◆ 『 ファミリーサポートセンター(たんぽぽ)の利用料軽減 』
   〇 600円/時 → 300円/時 ※1人目の子どものみ対象
 ◆ 『 放課後児童クラブの利用料金免除制度 』
   〇 児童扶養手当を受けている方、就学援助を受けている方などは、免除対象

ACTION02

② 相談・支援体制の充実と強化

・子育て世代包括支援センター(のびのび)、子ども家庭総合支援拠点、ファミリーサポートセンター(たんぽぽ)を軸に、支援にかかわる社会福祉協議会等といった団体や個人など、世代を問わず、地域ぐるみで子ども・子育てを支援するネットワークづくりに努め、切れ目なく安心して相談できる体制の充実と強化を図ります。
・すくすく教室(育児教室)、もぐもぐ教室(離乳食教室)、ウッドスタート(母子保健推進員の訪問時に積み木をプレゼント)、ブックスタート(子育て教室時に絵本を2冊プレゼント)、妊産婦健診、赤ちゃん健診といった各種健診事業を継続して取り組み、子どもの健やかな成長と健康をサポートします。

ACTION03

③ 児童福祉施設等の充実

・児童館や児童遊園、児童プールについては、安心して子供が利用できるように老朽化対策と効率的な運営を目指し、改築も含めた計画的な施設の整備・見直しを図ります。また、教育及び保育施設については、老朽度や安全な保育環境等も勘案し、計画的な増改築を支援します。放課後児童クラブについては、民間活用と施設整備を推進していきます。
・より安心して子どもを預けられるように、児童福祉施設等については、 老朽化対策と効率的な運営を目指し、改築も含めた計画的な施設の整備・見直しを図ります。

ACTION04

④ 移住支援制度の充実

・移住を考える子育て世帯に対し、自然豊かな三股町で、親自身が子育 てを楽しめる環境づくり、子ども自身が遊びや学びを通じて生き生き と成長できる環境づくりといった、子育ての喜びを親子で共有できる 魅力ある暮らしを応援します。
〇 三股町移住支援金、三股町ひなた暮らし実現応援支援金
   1世帯あたり100万円
  ※ ただし、18歳未満の世帯員を帯同して移住した場合は、200万円を支給します。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 小野百合内科クリニック

  2. 骨董品買取マスター

  3. 来生建築

  4. 株式会社 日本海運輸

記事一覧を表示するには、カスタム投稿「参画団体」にて、4つ以上記事を作成してください。

TOP