1. ホーム
  2. 新型コロナウイルスへの対応について

新型コロナウイルスへの対応について

本会理事における新型コロナウイルス感染者発生について(第3報)

【2020年11月25日 12:00更新】

公益社団法人日本青年会議所(以下、日本青年会議所)では、
11月12日(木)以降に4名の理事から新型コロナウイルス
感染者並びに陽性者が発生いたしましたが、11月23日現在
全員が退院及び隔離終了となりましたので、ご報告させていただきます。

 

また、上記4名の濃厚接触者となった青年会議所関係者5名に
ついてはPCR検査で全員陰性判定をうけておりますので、
あわせてご報告させていただきます。

 

<感染者①>

11月21日(土) 症状改善により退院

<感染者②>

11月22日(日) 症状改善により退院

<感染者③>

11月21日(土) 保健所により設定された無症状による自宅隔離終了

<感染者④>

11月20日(金) 保健所により設定された無症状による施設隔離終了

 

公益社団法人日本青年会議所

専務理事 岡部 栄一

 

Q&Aページ開設

今回の本会理事における新型コロナウイルス感染者発生について寄せられている質問へのQ&Aページを開設しております。
新型コロナウイルス感染並びに陽性反応についてのQ&A

 

自主的な新型コロナウイルス検査結果について

【2020年11月22日 21:00更新】

 

濃厚接触者と特定されている青年会議所関係者は5名のみです。
5名についてはPCR検査で陰性と判明しています。

その他、11月22日21時時点で新型コロナウイルス
対応チームから個別に連絡し、11月12日以降に
自主検査を行った者は71名(感染者①②を除く)です。

71名のうち、陽性判定は感染者③④の2名であり、
66名がPCR検査で陰性判定、1名が検査結果待ち、
1名が検査順番待ちとなっております
(2020年11月22日21時現在)。

 

自主検査対象者 71名
陽性判定 2名
陰性判定 67名
PCR検査結果待ち 1名
検査順番待ち 1名

濃厚接触者と特定されていないが接触リスクが高い者については
「新型コロナウイルス対応チーム」から連絡済みです。

 

本会理事における新型コロナウイルス感染者発生について(第2報)

【2020年11月14日 21:00更新】

 

公益社団法人日本青年会議所(以下、日本青年会議所)では、
11月12日(木)に理事3名が新型コロナウイルス感染症に
感染、並びに、陽性判定の確認がされたことにより、接触リスク
の高い会員(※1)が11月12日(木)に自主的にPCR検査
をしたところ、13日(金)に新たに理事が1名感染している
ことが確認されました。

以下のとおりご報告させていただきます。

 

<感染者④>

11月14日(土)現在、軽症のため自宅隔離中、
15日(日)以降に医療機関での遠隔療養予定。

 

また、昨日までに判明いたしました3名についての、
感染判明から11月14日現在までの経緯は下記の通りです。

 

<感染者①>

11月11日(水)に、保健所より10月30日(金)に
濃厚接触をした可能性があるため要検査の連絡がり、当日中に
PCR検査を実施し、11月12日(木)に陽性と判定されました。
11月14日(土)現在、軽症ではありますが医療機関で
隔離療養中です。

 

<感染者②>

11月10日(火)に発熱症状がみられたため、11月11日(水)
医療機関にてPCR検査を受けたところ、11月12日(木)に陽性
と判定されました。11月14日(土)現在軽症ではありますが
医療機関で隔離療養中です。

 

<感染者③>

感染者①、感染者②の陽性判定をうけ、11月12日(木)自主的に
医療機関にて抗原検査、PCR検査を受けたところ、当日陽性と判定
されました。無症状のため11月14日(土)現在自宅にて隔離療養中
です。

 

新たに1名が発生したことを受け、既に陽性判定を受けている理事3名
と共に、「新型コロナウイルス対応チーム」において、日本青年会議所と
関わりを持っていただいている全ての方、従業員及び家族への感染拡大を
最小限に防ぐよう、昨日の時点で下記対応をしております。

 

  • 〇当該理事の行動履歴の調査
  • 〇濃厚接触者、濃厚接触者と特定されていないが接触リスクが高い者
    の調査
  • 〇濃厚接触者、濃厚接触者と特定されていないが接触リスクが高い者
    の自主的な抗原検査、PCR検査の実施
  • 〇濃厚接触者と特定されていないが接触リスクが高い者については
    「新型コロナウイルス対応チーム」から連絡済みです。

 

現在、感染者4名について、濃厚接触者と特定されている
青年会議所関係者は4名のみです。
内、3名についてはPCR検査で陰性と判明しています。
1名については検査結果待ちです

その他、対応チームから連絡し、12日以降に自主検査を
行った者は57名(感染者①②を除く)です。
57名のうち、陽性判定は感染者③④の2名であり、
46名がPCR検査で陰性判定、7名が検査結果待ち
(内、3名は抗原検査、LAMP検査で陰性判定)、
2名が検査待ちとなっております。
(2020年11月14日21時現在)

 

自主検査対象者 57名
陽性判定 2名
陰性判定 46名
PCR検査結果待ち 7名
検査順番待ち 2名

 

今後につきましては、感染拡大抑止及び従業員や会員の安全確保を
最優先に行動するとともに、引き続き、健康状態の把握をはじめと
する情報収集に努めてまいります。

 

公益社団法人日本青年会議所

専務理事 岡部 栄一

 

<本件に関するお問い合わせ先>
公益社団法人日本青年会議所 事務局
TEL:03−3234−5601(代表)
<平日のみ午前10時~午後17時>

 

 

※1 感染者、陽性者については対策本部による動向調査により
発症2週間前からの接触歴を確認しております。
濃厚接触者とは、発症2日前から以下3条件を満たした状態で、
保健所から発症者への疫学調査により特定された方のことを指します。
濃厚接触者には保健所から連絡が入ります。

 

  • 発症者と1m以内
  • マスクをしていない
  • 15分以上の会話

 

対策チームでは、動向調査により発症2日前より以前に感染者、
陽性者と接触していた方で上記3条件を満たしている方については、
接触リスクが高いと判断し、個別に自主検査依頼の連絡をおこなって
おります。

 

本会理事における新型コロナウイルス感染者発生について(第1報)

【2020年11月13日更新】

 

公益社団法人日本青年会議所(以下、日本青年会議所)において、
2020年11月12日、理事3名(いずれも男性)が
新型コロナウイルスに感染又は陽性反応がでていることを確認しましたので、
以下のとおり御報告させていただきます。

 

1名:医療機関で療養中
1名:医療機関調整中につき、自宅隔離中。
1名:無症状により自宅隔離中

 

日本青年会議所では、これまでも、専門家の助言をいただきながら
カンファレンス開催ガイドラインを策定し、当該ガイドライン
に則って、会議の参加者の身体的距離を確保、換気の徹底、
会議前の検温や手指の消毒、マスク着用の徹底等の新型コロナ
ウイルス感染予防策を実施してまいりました。

 

今回の理事3名の感染を受け、新型コロナウイルス対策本部において、
日本青年会議所と関わりを持っていただいている全ての方、
従業員及び家族への感染拡大を最小限に防ぐよう、昨日の時点で
下記対応をしております。

 

  • 〇 当該理事の行動履歴の調査
  • 〇 濃厚接触者、濃厚接触者以外の接触者の調査
  • 〇 濃厚接触者、濃厚接触者以外の接触者の自主的な抗原検査、PCR検査の実施

 

今後につきましては、感染拡大抑止及び従業員や会員の安全確保を
最優先に行動するとともに、引き続き、健康状態の把握をはじめと
する情報収集に努めてまいります。

 

公益社団法人日本青年会議所
専務理事 岡部 栄一

 

<本件に関するお問い合わせ先>
公益社団法人日本青年会議所 事務局
TEL:03−3234−5601(代表)
<平日のみ午前10時~午後17時>

 

新型コロナウィルスに関する外部リンク

◆勝ちデザインプロジェクト 全国コロナ関連支援策一覧

◆厚生労働省 新型コロナウイルス感染症について


◆厚生労働省 新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)


◆経済産業省 新型コロナウイルス感染症関連


◆中小企業庁 感染症対策情報ページ


◆文部科学省 新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する対応について

 

◆新型コロナウイルスに関する政策提言

 

5月27日、新型コロナウイルス感染拡大に関する緊急提言Ⅱを西村康稔経済再生担当相へ提出しました。

 

◆各地青年会議所の取り組み

◆医療従事者応援プロジェクト

 

◆メンバー向けのページはコチラ

お知らせ

 

◆2020年7月12日

このたび、日本青年会議所が経済産業省および、政府の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の監修のもと作成したカンファレンス開催ガイドラインが、内閣官房が公表する「業種別ガイドライン」に掲載されました。

 

◆2020年5月22日

新型コロナウイルス感染の拡大防止のための方策について(8)

5月31日まで期間延長されました新型コロナウイルス感染拡大に対する緊急事態宣言について、新たに京都府、大阪府、兵庫県が解除されました。当会におきましては、緊急事態宣言が解除されていない5都道県を除く42府県において感染拡大防止に留意し、行政への確認を行いながら、段階的に諸会議や事業を再開いたします。緊急事態宣言が解除されていない5都道県においては引き続き、感染拡大防止の観点から5月31日まで諸会議や事業の中止、延期、またICTを活用(WEB会議や動画配信等)し、各都道県からの要請に従い行動いたします。
緊急事態宣言が解除されていない5都道県においては、不要不急の外出は避けてまいります。解除された42府県においても、都道府県を超えた不要不急の移動を避けるとともに、引き続き感染防止を意識した行動をとってまいります。なお、これらの方策は、新型コロナウイルスの感染拡大の動向を注視しながら適宜見直してまいりますので、ご留意いただきますようお願いいたします。

 

◆2020年5月16日

新型コロナウイルス感染の拡大防止のための方策について(7)

 

◆2020年5月4日

新型コロナウイルス感染の拡大防止のための方策について(6)

 

◆2020年4月18日

新型コロナウイルス感染の拡大防止のための方策について(5)


◆2020年4月7日

新型コロナウイルス感染の拡大防止のための方策について(4)

 

◆2020年3月31日

新型コロナウイルス感染の拡大防止のための方策について(3)

 

◆2020年3月23日

各地会員会議所の皆様がそれぞれの地域において運動を継続いただけますよう、WEB事業・例会マニュアルを策定いたしました。新型コロナウイルス感染拡大防止のためだけでなく、組織運営・また例会や事業等の実施における新たな発信の形としてWEB事業・例会等の実施をご検討いただき、併せてこのマニュアルを一助としご活用いただけたら幸いです。マニュアルはメンバー専用ページにあるJCプロトコル「WEB事業、例会マニュアル」をご覧ください。

 

◆2020年3月12日

新型コロナウイルス感染の拡大防止のための方策について(2)

 

◆2020年2月27日

新型コロナウィルス感染の拡大防止のための方策について(1)

 

 

PAGE TOP