image001

経済再生グループ

岩西 孝宗

人口減少や少子高齢化を主因とした生産年齢人口の減少はその結果として、労働生産性の悪化から経済の衰退をもたらし、それは私たちが住み暮らす広島も例外ではありません。地域経済を支える中小企業も、独創的な技術や発想を活かし経済全体を一つと考えることが求められています。さらにいつどこで起こるか分からない大規模災害発災時の支援・対応をはじめ、激しく変わる環境変化に対し迅速に取り組んでいくには、今まで以上の覚悟で JC が持つ人的ネットワークを活かし率先して行動していく必要があります。

まずは、地域ブランドを確立することで広島発の日本ブランドとして世界と勝負できることが広島の経済を発展させてゆくために必要です。そのために地域の産品や自然・風景など広島の特色を活かしたプレミアム感を創出することで「選ばれる広島」を推進します。また、相乗効果による新しいビジネスモデルを創出するために、私たちが総合調整機関とて地元企業や教育機関が互いの強みを共有する産官学連携体制の構築を推進します。そして、各地で起こっている自然災害等の支援に対応すべく12LOMの連携を活かした災害支援ネットワーク強化を推進します。さらに、地域間交流を目的にJCカップU11(全国大会)予選に向けてブロック予選大会を実施します。また、広島ブロック12LOMすべてのメンバーの「個」を集結し、メンバー同士の友情と連携に根差した「個」の総和を超えた力を生み出し、ブロックの集大成である第48回広島ブロック大会in三原をはじめとするすべての事業に万全の体制で取り組むことで、未来につながる大きな力を創出いたします。
各地会員会議所が行政や市民の架け橋となり活動することで地域ブランドを活かした地域が潤う経済発展を遂げていきます。さらに産官学連携の取れたモデルケースを発信し「個」の総和を超えた力で魅力溢れる広島から愛と希望溢れる国 日本を創造します。

<事業計画>
1.地域の魅力を生かした「選ばれる広島」の創造の推進

2.産官学連携の推進
3.広島ブロック大会の運営

4.広島ブロック野球大会の設営

5.【ブロ連】災害支援ネットワークの強化

6.JC カップ U11(全国大会)に向けてのブロック予選大会の実施
7.その他、広島ブロック協議会における目的達成のための事業の実施