1966年(昭和41年)11月、国際青年会議所の世界大会(JCI世界会議)が日本で2番目の地として京都で開催されました。
その翌年の1967年(昭和42年)1月20日~22日、社団法人日本青年会議所通常総会が京都にて開催されました。以来、『京都会議』と呼ばれるようになりました。

サマコン(サマーコンファレンス)とは、公益社団法人日本青年会議所の運動を広く発信するために、各界を代表する著名な有識者をお招きし、政治・経済・社会など様々なジャンルのフォーラム・セミナーを開催する場です。

1966年(昭和41年)11月、国際青年会議所の世界大会(JCI世界会議)が日本で2番目の地として京都で開催されました。
その翌年の1967年(昭和42年)1月20日~22日、社団法人日本青年会議所通常総会が京都にて開催されました。以来、『京都会議』と呼ばれるようになりました。

サマコン(サマーコンファレンス)とは、公益社団法人日本青年会議所の運動を広く発信するために、各界を代表する著名な有識者をお招きし、政治・経済・社会など様々なジャンルのフォーラム・セミナーを開催する場です。

2312271629
2312271626
2312271629

公益社団法人 日本青年会議所

北陸信越地区協議会

北陸信越地区協議会の様々な取り組み

image
jc_04
JCカップ2024修正5-1
image
jc_04
JCカップ2024修正5-1
image
jc_04
JCカップ2024修正5-1

北陸信越地区協議会について

公益社団法人日本青年会議所

北陸信越地区協議会

2024年度 会長

新田 洋太朗 君

(公益社団法人富山青年会議所 )

基本理念

奉仕の心と絆でつくる

豊かさと笑顔溢れる北陸信越

基本方針

1.地域の力を結集した大会開催によるJC運動の躍進と絆の強化

2.奉仕の心でつくるアワード事業による社会課題解決の促進

3.ハイレベルなリーダーの育成と理念共感拡大によるLOMの活性化

4.日本JCの運動の効果を最大化する対内連携の推進

北陸信越地区協議会の青年会議所
ブロック協議会

会議体・委員会紹介

地区フォーラム運営委員会
blank

委員長 小川 卓
(所属:一般社団法人長岡青年会議所)

【管掌業務】
1. 北陸信越地区フォーラムの企画・開催
2. 地区フォーラム主管LOM との連絡調整
3. その他地区連携事業、ブロック連携事業、推進事業に対する支援

地方創生委員会
blank

委員長 上野山 達也
(所属:一般社団法人三方五湖青年会議所)

【管掌業務】
1. 北陸信越地区アワードの企画・開催
2. 地方創生による地域活性化につながる仕組み構築に向けた運動【地区連(経済G)】
3. JC ブランド力を高める全国一斉事業【地区連(組織G)】
4. その他地区連携事業、ブロック連携事業、推進事業に対する支援

まちのリーダー育成委員会
blank

委員長 古田 千洋
(所属:一般社団法人駒ヶ根青年会議所)

【管掌業務】
1. 北陸信越地区アカデミーの企画・実施
2. 理念共感拡大グランドデザインの情報収集・活用・推進【地区連(組織G)】
3. 理念共感拡大プロモーター育成の管理・派遣・育成・支援【地区連(組織G)】
4. その他地区連携事業、ブロック連携事業、推進事業に対する支援

財政規則特別委員会
blank

委員長 土谷 学
(所属:公益社団法人金沢青年会議所)

【管掌業務】
1. 公益社団法人として運営に必要な財政規則の管理
2. 公益社団法人として運営に必要な組織との連携
3. 事務局との連携による対内・対外広報戦略の推進
4. その他地区連携事業、ブロック連携事業、推進事業に対する支援

事務局
blank

事務局長 辻 博亮
(所属:公益社団法人富山青年会議所)

【管掌業務】
1. 日本JC・ブロック協議会との連絡調整及び運動・事業の推進・支援
2. 各諸会議の設営及び運営
3. 各委員会との連携による広報戦略の立案と実施
4. 災害ネットワークに関する連携の強化【地区連(社会G)】
5. 他者を思いやるJC カップU-11 少年少女サッカー予選大会の企画・実施【地区連(社会G)】

公益社団法人日本青年会議所
北陸信越地区協議会

〒930-0083
富山県富山市総曲輪3-3-16 ウィズビル2階
公益社団法人富山青年会議所内
TEL : 076-452-6280 / FAX : 076-452-6282