1966年(昭和41年)11月、国際青年会議所の世界大会(JCI世界会議)が日本で2番目の地として京都で開催されました。
その翌年の1967年(昭和42年)1月20日~22日、社団法人日本青年会議所通常総会が京都にて開催されました。以来、『京都会議』と呼ばれるようになりました。

サマコン(サマーコンファレンス)とは、公益社団法人日本青年会議所の運動を広く発信するために、各界を代表する著名な有識者をお招きし、政治・経済・社会など様々なジャンルのフォーラム・セミナーを開催する場です。

1966年(昭和41年)11月、国際青年会議所の世界大会(JCI世界会議)が日本で2番目の地として京都で開催されました。
その翌年の1967年(昭和42年)1月20日~22日、社団法人日本青年会議所通常総会が京都にて開催されました。以来、『京都会議』と呼ばれるようになりました。

サマコン(サマーコンファレンス)とは、公益社団法人日本青年会議所の運動を広く発信するために、各界を代表する著名な有識者をお招きし、政治・経済・社会など様々なジャンルのフォーラム・セミナーを開催する場です。

2312271629
2312271626
2312271629

公益社団法人 日本青年会議所

四国地区

香川ブロック協議会

香川ブロック協議会の様々な取り組み

2024-01-19-09.51
28573610_m
2024-01-19-09.51
28573610_m
2024-01-19-09.51
28573610_m

香川ブロック協議会について

公益社団法人日本青年会議所

香川ブロック協議会

2024年度 会長

吉川 佳孝 君

(公益社団法人高松青年会議所 )

基本方針

blank

年間事業フレーム

blank

組織図

blank

スケジュール

blank

香川ブロック協議会の青年会議所

会議体・委員会紹介

新時代の幕開け委員会
blank

委員長 宍道 翔太
(所属:公益社団法人さぬき青年会議所)

委員会基本方針青年会議所のメンバーが自分の役割を再確認し、青年会議所の理念に沿って意欲的に活動出来るメンバーを増やします。また、各LOMの課題である会員拡大においてLOMの支援を行います。
委員会設置背景香川ブロック協議会では入会3年以内のアカデミー会員が30%を占めます。そのメンバーがJC活動の意義を理解し、JC活動を通じて、豊かな人生を送る機会を、構築する必要があります。また、毎年入会数より卒業生・退会者数の人数が多く、会員数が減少している未曽有の危機を回避する必要があります。
委員会設置目的・入会3年以内のアカデミー会員がJC活動の意義を理解する機会を提供します。

・6LOMが協力し、会員拡大の情報共有を行い、会員増加に繋げます。

・参加したメンバーが異業種の方との交流と拡大の重要性を理解します。

委員会事業概要1.ブロックアカデミーにおけるJC活動への意欲向上支援の実施

2.会員拡大を行うための新しい支援(香川県全体異業種交流会)の実施

自己肯定感ブースト委員会
blank

委員長 浅田 裕己
(所属:公益社団法人高松青年会議所)

委員会基本方針地域の未来を明るい豊かな社会へ実現するには、子供たちの成長と発展が必要です。 子どもたちに成功体験の機会を提供し、地域の発展に参加させることは、地域の未来を築くために重要であり、子供たちが自分たちの地域に貢献する機会を持つことは、共感と協力を促進します。子供たちの成長と発展が地域全体の未来に大きな影響を与えます。
委員会設置背景子供たちの自己肯定感が全国最下位の香川県において将来に夢や希望をもてない子供は、様々な環境で人生の充実感が低いという問題があります。その原因の一つとして、自らの特性や個性に気づく事で己を知り、それを知る機会が学生生活において少ないということがあります。子供たちが自分の個性や特性を発見し、発展させる手助けできれば地域の未来を担う人財を育成することができます。
委員会設置目的体験活動を通して子供たちの自己受容を高め、人生の満足度を高めるきっかけとします。
委員会事業概要香川県内の子供たちを対象にした自己肯定感を高める事業の実施。
うまげな東讃委員会
blank

委員長 白川 大輔
(所属:公益社団法人東かがわ青年会議所)

委員会基本方針香川県内における各地域の資源を活用し、地域性を活かした持続可能な香川を目指します。
委員会設置背景1. 新型コロナウイルス感染症が5類感染症に変更され、ブロック大会をはじめ各事業が活発に開催されるようになりました。しかし、アカデミー会員や活動に参加できていないメンバーはブロック大会について理解していない人が多いのが現状です。本年度の基本理念を理解し、志を同じくするものが連携と結束を揺るぎないものとする必要があります。

2. 香川県には、温暖な瀬戸内の気候が育んだ優れた産品をはじめ、伝統的な工芸品や民芸品など魅力ある特産品が多く存在します。しかし、触れる機会が少なくなり、地元の人ですらその魅力を認識できていないのが現状です。各地域の魅力を知り、それを活かす仕組みづくりに向けて活動する必要があります。

委員会設置目的・本年度の香川ブロック協議会の基本理念を理解し、メンバーのJC運動への意欲を高めます。

・香川県内の魅力を再認識し、地域資源を地域経済の発展に活かす仕組みづくりについて考える機会を創出します。

委員会事業概要1. 香川ブロック大会東かがわ大会記念式典

2. 香川ブロック大会東かがわ大会記念事業

3. 特産品の利用促進に向けた運動

理念共感拡大会議
blank

議長 伴野 修一
(所属:公益社団法人高松青年会議所)

会議基本方針LOMが抱える組織力低下に係る問題を解消し、LOMが地域にインパクトを与える事業を実施し続ける持続可能な組織を作ることができます。

素朴で純粋な親切心で人々が助け合う社会を作ることができます。

会議設置背景新型コロナウイルス感染症拡大の影響、会員数の減少、在籍年数が短い会員の増加等により、メンバーの参加意欲は全体的に低下しています。それに伴うように、例会や事業等の参加率も低下しており、LOMが効果的な事業を実施する妨げとなっています。 本会においてもこれらの問題を解消すべく取組みがなされておりますが、概要のみが直接LOMに伝えられているだけで、メンバーが正しく理解ができる状況に至っていません。 本会の取組みの理念や内容等について、LOMメンバーに正しく伝えることが必要です。

現在、少子化・核家族化によって地域社会の交流が希薄になってしまったことで、他者や弱者を思いやる心、あくなき挑戦心など、社会生活に必要な人間性を育む機会が少なくなっています。地域の未来を担う子供たちにグッドルーザーの精神を伝える機会を創出する必要があります。

会議設置目的・本会の取組みをLOMに浸透させて組織力を向上させることにより、メンバーがLOMの事業に対して積極的に参画できるようになります。

・地域の未来を担う子供たちに、他者を思いやる心とあくなき挑戦心を伝えます。

会議事業概要1.LOMの事業を支援する広報の実施

2.他者を思いやるJCカップU-11少年少女サッカーブロック予選大会の企画・実施

公益社団法人 日本青年会議所

四国地区

香川ブロック協議会

〒760-0029
香川県高松市丸亀町2-13 高松丸亀町弐番街3号館 4F
TEL:087-811-4677 FAX:087-811-4678
E-mail:takamatsu-jc@ca.pikara.ne.jp