固有の文化と地域資源が調和した

愛と希望溢れる徳島の創造

徳島ブロック協議会 会長 冨士原 聡由

徳島では、南海トラフ地震発生や全国に先駆けての人口減少や超高齢社会の到来が懸念されているものの、約400年の歴史があり踊り子や観客数において国内最大規模を誇る阿波踊りなどの固有の文化とすだちや藍染などの豊かな地域資源に溢れています。地域課題に能動的に取り組む会員が、「和」の精神を尊ぶ市民とともに産業競争力が強化された地域ブランドを確立し、人口減少社会をも乗りこえられる徳島を創造する必要があります。

まずは、市民からの共感と信頼を得るために、JCの魅力が伝わる会員拡大事業を開催し、社会発展に寄与する人財開発につなげます。そして、持続可能な社会を創造するために、四国遍路文化を活かした新たな事業を展開し、交流人口を増加させることで、ひとの流れの創出がしごとの創出となる好循環を生み出します。さらに、地域経済を発展させるために、地域資源にプレミアム感を持たせ価値化し地域内外に発信することで、産業競争力強化を図ります。また、子供たちにグッドルーザーの精神が学べる機会提供するために、JCカップU-11少年少女サッカー全国大会予選大会を開催し、他者を慮る心や勝者を称えられる強い精神力を持つ人財を育成します。そして、組織の存在価値を向上させるために、我々の運動をICTを用いて適宜発信し、発信力を高めることで、地域を巻き込む運動を拡大します。さらに、憲法について市民の主体者意識を醸成するために、改憲を推進する教育事業を実施し、日本人として誇りをもてる憲法制定へとつなげます。また、有事に備えるために、災害支援ネットワークを強化し、的確な災害支援体制を構築します。

率先して行動し地域の信頼と共感を得た我々が、地域課題に対し当事者意識を持った能動的な市民とともに、固有の文化や地域資源より生み出したしごとから好循環な社会が広がり、地方創生が持続的に成し遂げられる徳島から愛と希望溢れる国 日本を創造します。

 

<事業計画>
1.会員拡大の支援
2.交流人口の拡大につながる四国遍路事業の開催
3.地域ブランドの価値化を図る事業の開催
4.JCカップ U-11 少年少女サッカー全国大会予選大会の実施
5.組織のブランディングを強化する事業の開催
6.【ブロ推】祖先や親を敬い愛情溢れる「家」的道徳を育む事業
7.【ブロ推】奇跡を起こす人財を育てるカリキュラム実施
8.【ブロ連】改憲を推進する教育事業の実施
9.【ブロ連】災害支援ネットワークの強化