誰もが挑戦できる幸せな兵庫の創造

ブロック大会運営委員会

  • HOME »
  • ブロック大会運営委員会

委員長 十倉 貫

私たちの住む兵庫県は、明治維新以来150年の間国内外の交流拠点として人が集い、多くの分野の産業が発展を遂げてきましたが、昨今では若者層の県外への転出超過が顕著になり、産業衰退の要因となっています。常に地域と向き合い課題解決に取り組む私たちが、多くの人にとって地域愛と情熱をもって活躍できる、魅力あふれる兵庫の創造に向けて、地域と人を巻き込んだ一過性で終わらない持続可能な運動を展開する必要があります。 まずは、活性化の原動力となるJC運動を更に活発にするために、兵庫ブロック協議会が架け橋となり25LOMとの相互理解と連携を深めることで、お互いの絆が深まり強固な協力体制が築かれます。そして、地域創生を現実的にとらえ持続可能な活性化につながるブロック大会にするために、企業や各種団体と連携し、来場された方が各地域の産業や伝統文化に触れる機会を創出することで、その地域に対する意識に変化が芽生え地域愛が育まれます。さらに、変動する時代の中にも不変的に受け継がれるべき伝統を守るために、卒業生の歩んできたJAYCEEの集大成として有終の美を飾る舞台を創出することで、その場に立ち会ったメンバーは熱い情熱に心を打たれ、自分の歩むべき道と向き合えます。また、明るい豊かな社会を創るために、25LOMと開催地が一体となって夢に向かい真摯に挑戦することで、ひたむきな姿が第53回ブロック大会へつながる新たな原動力を生み出します。そして、創始の想いを胸に次の時代へ伝統を紡ぐために、新たな原動力が2021年の開催地に経験と情熱をつなぐことで、持続可能な地域創生が推進されます。ブロック大会を通じて、地域を支える若者の活気が兵庫の魅力とともに多くの人に伝わり、自分たちの地域の可能性に希望を抱き地域から兵庫を発展させる原動力を生み、私たちと県民がつながりを大切にし、夢に向かって誰もが挑戦できる幸せな兵庫を創造します。

 

事業計画

1.第52回ブロック大会三木大会の開催に関する業務
2.第53回ブロック大会開催に関する業務
3.大会参加への推進及び登録の管理に関する業務
4.2021年開催地決定に関する業務
5.各会議・委員会との連携
6.会長諮問に関する答申業務

PAGETOP