image image image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 《 事業名 》 五感で感じろ!スノーマウンテン!
《 日 時 》 2020年2月16日(日) 5:25出発式〜20:30解散予定
《 会 場 》 山梨市役所駐車場集合〜車山スキー場〜音無の湯~山梨市役所
《 参加費 》 5,000円
《 主 催 》公益社団法人山梨青年会議所 青少年人材育成委員会
《 後 援 》山梨市教育委員会 生涯学習課

《 事業当日の雰囲気 》
朝早くからの集合でしたが、遅刻もなく、時間通りに出発しました。バスの中でもレクレーションなどをして、子供たちの元気な姿を見ることができました。会場は雪が少ないうえにあいにくの雨または霧で当初、予定していたチーム毎の雪像作りも出来なかったですが、雨天プログラムのキッズパークで雪遊びを体験しました。雪の量や天候はしょうがないところですよね。。最後は温泉も入り温まり帰ってきました。帰りのバスでは遊び疲れて寝る子供やまだまだ元気な子供もいて、充実した一日になったのではないかと思います。

《 背景、出会い 》
山梨市にいる子供たちにとって、雪が積もることが少なくスキーやスノーボードはなかなか経験することができません。その経験したことのないスキーやスノーボードという競技を自然の壮大さや厳しさを非日常の中で体験することで豊かな心を育み、また仲間との協調性、連帯感、コミュニケーション能力、多様な創造性を養うことが出来ると考えこの事業の開催に至りました。

《 想い、工夫 》
スキーやスノーボードに連れていくだけではなく、班分けして雪像作りを計画しました。何を作るかを、作戦会議して共に作ることで、他の学校の児童とも仲良くできて新しい繋がりができ、更に自主性と協調性を育むことができるようにしました。

《 担当委員長の紹介 》
丸山洋市君。2019年度入会の2年目。初委員長。同時に本年は山梨ブロック協議会の副運営専務も務めています。ニックネームはまるちゃん。

《 担当委員長の感想 》
青少年事業という山梨JCで毎年行っている伝統の事業を担当しました。JCに加入して、半年でわからないことばかりで手探り状態の中で自分が事業として行いたいことを詰めていき、ここ4ヶ月は時間があれば議案作り、事前説明会準備、例会当日の準備などを行いました。自分の中で出来ることを精一杯やらせていただきました。初例会ということでまだまだやれたことはあったのかもしれませんが、まるちゃんと声をかけてくれる子供たちの笑顔を多く見ることができて、感無量でした。子供たちの成長につながるようにと計画しましたが、自分が成長させてもらえたように思います。夏にも青少年事業を行います。ブロック大会も山梨JCが主管でやりますので、青少年事業とブロック大会が共に良い事業となり、大成功を納めるように引き続き取り組んでいきたいです!

《 担当委員長の反省、収穫 》
初めて事業を計画したが、理事会を重ねて精査していった背景や目的の重要性を痛感した。また当日の役割が多く、委員会メンバーを中心に多くの会員で手分けをしてなんとか無事に事業を終えることができた。山梨青年会議所すべての会員に声をかけて様々な形で参加、手伝いをしていただいてLOM(=1つの青年会議所の意)の結束と組織力を感じることができた。

《 広報担当の感想 》
同じLOMに所属していて、且つ共に山梨ブロック協議会へも副運営専務として出向している丸山君の頑張りや悩みを近くで感じていた筆者にとって、特に思い入れのある事業でした。初理事、初委員長とは思えないほどの濃密な計画書と準備をしていました。それだけに天候やゲレンデコンディションに恵まれなかったことは本当に残念でした。ただ事業の成果は大いにあり、目的の達成と丸山君の成長にも繋がったと感じます。丸山委員長ならびに委員会メンバーと山梨青年会議所メンバーは本当にお疲れ様でした。

SNSに別の写真も投稿していますので、ご覧ください。