6月10日(土)に2017年度 JCI ASPAC ウランバートル大会「ジャパンナイト」が、モンゴルのウランバートルにて開催され、当中国地区協議会はブースを出展いたしました。

A-7

A-1

 

ブースでは、中国地区の名産品である、広島の熊野筆、山口の赤間硯、鳥取、島根の和紙を使用した書道体験と、広島県廿日市市が発祥の地として知られる、けん玉に挑戦していただきました。

A-2

A-3

 

ブース前で侍の衣装や浴衣でけん玉を披露し呼びかける事が功を成し、溢れんばかりの来場者を獲得できました。けん玉を皿に入れた時の感動や書道で自身が筆を入れた和紙を持ち帰っていただき、初めての体験と感動を提供する事により中国地区への来訪のきっかけを存分に提供できたと思います。

A-4

A-5

 

終盤のころには青木会頭もブースを訪問されました。

A-6

初めての体験と感動を提供する事により中国地区への来訪のきっかけを存分に提供できたと思います。メンバーが自己成長を求める意識で取り組む事により、郷士愛と地域への誇りが高まり、日本人としての日本道を歩む事への思いが醸成されたと確信しております。

A-8