Pay it forward ~恩を繋ぐ豪傑たれ~

委員会・実行委員会紹介

  • HOME »
  • 委員会・実行委員会紹介

総務広報委員会

「繋ぐ心、伝播する心」 委員長 江山 普郎

 我々の住む山口県は三方を海に囲まれ陰陽格差があるとも言われています。しかし、歴史的には地理的環境に関係なく明治維新の礎となった多くの志士や内閣総理大臣を輩出してきました。このように志高い先達を持つ我々は、規律正しい会議運営を行い会員の資質向上を図り、各地会員会議所間や会員間、中国地区や本会の橋渡し役を担い、計画立案実行団体である青年会議所として、誰もが夢を描ける山口へ回帰させていく必要があります。
 まずは、地域から誰もが夢を描ける日本を創造するために本会の事業運動を推進します。我々が先導者となって自律した全うな日本人を育成するために本会と山口ブロック協議会の方向性を指し示し、各地会員会議所間で連携強化を図ります。つぎに、山口ブロック協議会の基本方針や事業計画を全会員で共有するために山口コンファレンスを開催します。そして、青年会議所運動について一般市民への認知度向上と理解及び共感を得る機会を創造するためにSNS等を利用した魅力あふれる情報発信をします。さらに、県内各地会員会議所の展開する運動を広く市民と共に顕彰する褒賞事業を開催し、より地域に根差した事業展開のための裾野拡大へと繋げていきます。また、会員会議所会議及び役員会議の運営においては、円滑かつ活発な議論が交わされる環境作りに注力し、誰もが夢を描ける山口を創造できる事業展開に向けてサポートをしていきます。そして、山口ブロック協議会が適正かつ準則に運営できるように、山口ブロック会則・運営規定を必要性に応じて見直します。さらに、日本JC総務グループと連携し、充分なLОMサポートも実施します。
 山口ブロック協議会という協議体が県内各地会員会議所の連絡調整役としての担いを果たし、連携を一層強めることで行政や他団体より先んじた地域に光明をもたらす会議体となり、誰もが夢を描ける、そして山口県民の誇りと笑顔を繋ぐ山口への回帰を実現します。

<事業計画>
1.本会・地区の運動・事業の推進
2.会員会議所会議及び役員会議の運営
3.青年会議所運動・活動の検証と発信をする為の褒賞事業の企画・実施
4.山口ブロック協議会の指針を発信する事業の開催
5.山口ブロック会則・運営規定の見直し
6.日本JC 総務グループとの連携
7.LОMサポートの徹底
8.山口県の魅力発信と地産物消費の促進【ブロ連】
9.憲法改正輿論の確立事業の開催【ブロ連】
10.青年会議所会員の増加による運動の強化【ブロ連】

主権者意識確立委員会

「自主自立国家の追求」 委員長 木原 康博

 戦後日本は奇跡的な経済成長を遂げ、一躍世界有数の先進国へと平和的に発展しました。国民主権・基本的人権の尊重・平和主義という日本国憲法の三大原則を根底に国民の生活は安定し、世界経済へも大きく貢献してきました。しかし、昨今は国民主権に関して主権は国民一人ひとりにあるという意識は決して高いとは言えません。国政への参画意識が薄い中、政策を見て自らが咀嚼して意思決定する自主自立国家を追求する必要があります。
 まずは、地域から誰もが夢を描ける日本を創造するために本会の事業運動を推進します。つぎに、施行70年を迎える我が国最高法規である現在の日本国憲法に対する理解を今一度深め、全うな日本人として憲法改正輿論の本質を見極める事業を展開します。そして、憲法改正を想定し改正内容に関して主権者、とりわけ国民投票権を有する有権者自らが国際社会における日本国の立ち位置やそれに関わる政治への参画意識の向上に努めます。さらに、国家のレベルは国民のレベルを超えることはないとも言われる中、改憲・護憲の双方に存在する主張の本質を見極めることで大勢に流されない判断力を醸成します。また、選挙権年齢が18歳へ引き下げられた直後の2016年参議院議員通常選挙において、憲政史上初めて改憲に必要な国会議員数が衆参合わせて3分の2以上に達するという憲法改正発議の要件が整った現状を踏まえ、国民投票の重要性は高くなっていると言えます。そこで、「e‐みらせん」を活用することで各種選挙に関する情報提供を実施し、主権者としての意思表明を行うことで国民主権の重要性に対する理解が深まるよう取り組みます。
 主権者意識を高めた市民一人ひとりが、我が国の主役として国家の根幹を成す憲法改正輿論の確立に向けて改正論点を吟味し、改正輿論確立の礎となり、責任ある未来を選択し、その未来に光明を見出す結果、誇りと笑顔を繋ぐ誰もが夢を描ける山口へと回帰します。

<事業計画>
1.本会・地区の運動・事業の推進
2. 憲法改正輿論の確立に向けた主権者意識確立事業の展開
3.e‐みらせんの実施
3.日本JC各種セミナーの実施
4.日本JC憲法輿論確立会議との連携
5.LОMサポートの徹底
6.その他必要を要する事項
7.山口県の魅力発信と地産物消費の促進【ブロ連】
8.憲法改正輿論の確立事業の開催【ブロ連】
9.青年会議所会員の増加による運動の強化【ブロ連】

豪傑育成委員会

「熱信 ~熱い心を未来へ繋ぐ~」 委員長 貞益 剛

 名だたる志士の前身を有する山口には、これからの日本の礎を作っていく人材が求められます。近年、文化や技術の発展により、様々なものが省略化されてきています。義や価値観より、目に見えるものが大切とされている今は、己の力で突き進むことが出来るリーダーが必要とされています。我々には先人たちが培ってきた歴史があり、それらを伝えていく責任があります。目には見えない熱い心を持った人材を育成していくことが必要です。
 まずは、地域から誰もが夢を描ける日本を創造するために本会の事業運動を推進します。つぎに、各地会員会議所運動発展のために、過去より大切に伝えられてきた知識や全うな日本人の心の中にある、他を慮る道徳心や同士との絆を持ち、意識の変化や覚悟に触れるブロックアカデミー事業を開催することで、地域社会の発展への意欲や誇り、実社会での向上心や決断力を育みます。そして、個々の明確な目標を掲げ、仲間に対して有言し、実行、実現していくことにより、失敗を恐れない勇気と困難に立ち向かう力を養い、後輩に対してその背中を示すことで周囲を巻き込む次世代のリーダーを育成します。さらに、過去の青年会議所の活動での思いを知ることで、JCの魅力を熱く語れ、継承できる人材を育みます。また、各地会員会議所の人材育成をサポートすることで共に助け合い、認め合い、共感を高め、他者のために知識やスキルを使い続けられる人材へと成長させます。会員会議所会員がそれぞれの地域社会において既存の枠に囚われない発信源となり、大胆な発想と行動力で明るい豊かな山口を実現していく挑戦心のあるチームへと回帰させます。
 JCの魅力と熱く信じ語られ続けてきた歴史を未来へ繋げ、目標を必ず実現するという力強い想いを共創します。正しい知識と意欲ある行動で、我々会員会議所会員一人ひとりが地域を巻き込む先駆者となり、明るい社会へと導く勢いある光明な団体を実現致します。

<事業計画>
1.本会・地区の運動・事業の推進
2.山口の豪傑を育成するブロックアカデミーの開催
3.日本JC各種セミナーの実施
4.日本JC LOM支援グループとの連携
5.LОMサポートの徹底
6.その他必要を要する事項
7.青年会議所会員の増加により運動を強化するための活動【ブロ連】
8.山口県の魅力発信と地産物消費の促進【ブロ連】
9.憲法改正興論の確立【ブロ連】

球技大会実行委員会

「友情と絆を生み出す大会へ」 実行委員長 梅野 裕恵

 山口ブロック協議会は各地会員会議所のパイプ役となるべく交流の場や会員資質向上などの事業を展開し、なかでも球技大会は地域の先導者であるJAYCEEの最大の交流の場として50年余りの歴史を歩んできました。活動経験の浅い会員が半数以上を占めるLOMが急増しているなか、LOMの枠に捉われずに会員同士が直接顔を合わせ情報交換や談義を行うことで成長の場となり意義のある山口ブロック球技大会を行うことが必要です。
 まずは、本大会をこれからも未来へ繋いでいくために今まで以上に効率的な運営を心掛け、最大の交流の場として強い絆を生み出す効果的な大会を開催します。つぎに、球技大会という手法を通じて会員同士のコミュニケーション能力を活性化させることで、青年会議所だからこそ生まれる誇りと笑顔を繋ぐ真の友情を生み出します。そして、本大会に参加したことのある会員はもとより、活動経験の浅い会員にも趣旨をしっかりと理解していただき、青年会議所ならではのスケールメリットを感じていただきながら、私たちの愛する住みよいまち山陽小野田市の「人」「自然」「食」の魅力を発信する事で山陽小野田市らしさを前面に出し、本大会に参加いただく会員の皆様の心に残る大会となるよう、小野田青年会議所一同全力で取り組んでまいります。さらに、地域の方に我々青年会議所の運動を少しでも理解していただけるような設営、運営を行います。また、各地会員会議所の規範となる大会運営を行い「会員数の少ないLOMでも素晴らしい大会が行える」基軸を作り、各地会員会議所の視野を広げ、未来の山口ブロック球技大会へと繋げてまいります。
 1年後、我々JAYCEEの友情はリアルな絆へと変わって、力強く邁進する光明な姿へと成長し、全うな日本人の心を持った会員一人ひとりの思想と行動で、誰もが夢を描ける山口のまちづくり、ひとづくりに取り組む協議会へと回帰させ、JCの価値を高めます。

<事業計画>
1.第53回山口ブロック球技大会の開催
2.その他必要を要する事項
3.山口県の魅力発信と地産物消費の促進【ブロ連】
4.憲法改正輿論の確立【ブロ連】
5.青年会議所会員の増加による運動の強化【ブロ連】

未来山口創造委員会

「資質を知り、豊かに活かす」 委員長 植中 篤史

 1871年廃藩置県により誕生した山口県は、周囲を彩る海や山から多くの恩恵を受けています。また英国への密航留学を果たし日本の近代化に尽力した長州ファイブなど多くの特異な歴史と元乃隅稲成神社などの名だたる観光名所を有しています。そんな我がまち山口には人知れず眠る地域資源が存在し、住みよいまちとして可能性を秘めております。それを引き出すための知識や行動力を培うことがより良い山口への一歩であると考えます。
 まずは山口県下各地の魅力を発信することで、われわれの住むまちが、いかに地域資源に恵まれているかを認識していただき、このまちに対する郷土愛をより深めていただきます。つぎに山陽自動車道、中国自動車道を有する山口における山陰新幹線と山陰自動車道の必要性と効果における認識の希薄を是正し、市民の利便性を高め、ヒトやモノの往来が円滑になるように行政や他団体と協働し市民を巻き込んだ事業を開催します。そして官民が同調し歩幅を合わせて邁進することで山口県延いては島根県・鳥取県との相乗効果でデフレ脱却並びにふるさと回帰への糸口を見出していきます。さらに各地における地方版総合戦略を調査するとともに、我々のアイデアで地域再興を実現していくロールモデル地域の創出に挑戦していきます。また近年では東日本大震災や熊本地震に加えて、異常気象に伴う大雨や大雪など自然災害大国日本における防災安全保障は必要不可欠であります。山口県全体に緊急輸送路等が整えば、防災大国日本を確立することができるとともに、ヒトやモノの往来が活性化し、誇りと笑顔を繋ぎ安心したまちづくりに近づくことができます。
 疎らである地域再興への思いを収束させ、JAYCEEが光明となり一つの方向に導くことで他力ではなく自らが地域を改革しようという、我々の本来持つべき姿であろう全うな日本人への意識が高まり、誰もが夢を描ける山口の実現に寄与できると確信しています。

<事業計画>
1.本会・地区の運動・事業の推進
2.市民意識を変革し未来の山口を創造する事業の展開
3.日本JC各種セミナーの実施
4.JC-AIDの普及
5.日本JCとの連携
6.JCカップ U-11少年少女サッカー全国大会予選大会の実施
7.LОMサポートの徹底
8.その他必要を要する事項
9.山口県の魅力発信と地産物消費の促進【ブロ連】
10.憲法改正輿論を確立する事業の開催【ブロ連】
11.青年会議所会員の増加による運動の強化【ブロ連】

山口大会実行委員会

「感謝とともに」 実行委員長  山口 大志

 三方を海に囲まれた山口県は、海の幸山の幸に恵まれており、これらを生かした食や文化が様々にあります。また幕末維新の歴史的文化も多数存在し、平成30年の明治維新150年に向けて山口県全体で地域の魅力を発信していこうという山口県の取り組みもあり、地域の魅力を発信する好機を迎えています。山口県の技術や食の魅力を発信することが、投資を拡大し消費活動を促進するための一助となり明るい豊かな山口になると考えます。
 まずは、山口ブロック協議会が地域の光明として活動した一年間の報告のために、わがまち下関で第54回山口大会を開催し、次年度へ向けての厳格な式典とします。つぎに、全うな日本人として「世のため人のためが自分のため」という考え方で長年青年会議所活動を続けてこられた今年度卒会される皆様のために、下関ならではの食や文化でおもてなしをする語らいの場を設け、会員同士の誇りと笑顔を繋ぐ親睦を深めることができる様にします。そして、卒会される皆様を感謝とともに送り出すために、盛大な卒会式を開催し、これからの未来を担う会員からの熱い想いを届ける会とします。さらに、山口県の魅力を発信し地産物消費を促進するために、一般の方が参加できる公益目的事業を開催し、青年会議所活動を広めるとともに市民や地域との繋がりを深めていきます。また、下関へ多くの方にお越しいただくために、県の取り組みを利用した魅力発信をしたり、開催地ならではの魅力を生かした事業として、山口県の魅力を広めていきます。そして、地産地消の重要性と、地元食材、郷土料理の魅力を再確認し、明るい豊かな山口へと繋げていきます。
 山口大会が各地会員会議所のすべての皆様にとって、一年間の活動を共にした同志との友情を深める大会となり、次年度へ向けてまた新たに始まる活動の序章として、今一度原点に回帰し、誇りと笑顔を繋ぐ全うな日本人による、誰もが夢を描ける山口を追及します。

<事業計画>
1.第54回山口大会の開催
2.山口県の魅力を発信し地産物消費を促進する公益事業の開催
3.その他必要を要する事項
4.山口県の魅力発信と地産物消費の促進【ブロ連】
5.憲法改正輿論を確立する事業の開催【ブロ連】
6.青年会議所会員の増加による運動の強化【ブロ連】

PAGETOP