このたび、2月24日(金曜日)から26日(日曜日)、石狩市の地で各諸会員会議が行われました。

24日は第3回正副会長会議、25日は第3回JCフォーラム調整会議、第4回主催実行委員会、第2回役員会議、地区役員懇親会、そして26日(日)には第2回会員会議所会議が開催となり、全道から集まった青年会議所メンバーによって、石狩の地が3日間にわたって熱い議論が交わされ、明るい豊かな社会の実現へ向けての大きな前進の場となりました。

本日開催された第2回会員会議所会議では、今年度開催の地区大会についての議案が承認となり、今年9月には釧路を舞台に「挑む」をテーマとした大会が開催されることとなりました。青年会議所の熱い信念が、釧路が誇る魅力と力強く融合し、可能性に満ち溢れた北海道の創造につながる大会になることをご期待下さい。

なお、会員会議所会議の終了後、第1回理事長サミットが開催され、東京農業大学の木村教授を講師にお招きし、「全体最適化・価値共創・五感分析・発信力」などをキーワードに、その手法をご説明いただき、その後、地域活性化とJC運動についてのディスカッションなどが行われました。全道各地の理事長が、明るい豊かな社会の実現という共通のベクトルによって、現状の問題点やその改善方法などの意見も交わされました。

多くの議案が決定したほか、理事長サミットにより全道の理事長が交流するなど実りある3日間となりました。S__9510932 S__9510933 S__9510934 S__9510931 DSC_3576 DSC_3572 DSC_3563 DSC_3588 DSC_3677 DSC_3638 DSC_3640 DSC_3658 DSC_3684 DSC_3722 DSC_3718 DSC_3760 DSC_3726 DSC_3735 DSC_3738 DSC_3743 DSC_3744 DSC_3771 DSC_3788 DSC_3789 DSC_3790 DSC_3791 DSC_3832