HOKKAIDOブランド確立委員会
事業計画

HOKKAIDOブランド確立委員会委員長 堀江 雄介

我々が住まう北海道は、四季折々の季節による美しく壮大な自然や豊富な食、多岐に渡る産業に恵まれ、各地域が実施している積極的なインバウンド政策から訪日観光客が年々増加傾向にあり、地方創生に大きな好影響を与えています。各地域を想う情熱と様々な政策、おもてなしの精神、潜在する魅力溢れる資源が活かされるとともに、アジア諸国に留まらず世界各国からも注目される世界に誇れる北海道ブランドを確立する必要があります。
まずは、インバウンドを効果的に加速させるために、主観による外国人への常識や先入観を払拭し、訪日観光客のもたらす雇用創出及び経済効果を理解することで、インバウンドに対する道民の意識変革へつなげます。そして、北海道ブランドの礎を築くために、北海道地区協議会と各LOMや地域が連携を図り、インバウンド政策における課題や地域に潜在された魅力を顕在化し、北海道の秘められた可能性を具現化します。さらに、アジア諸国に留まらず世界各国からのインバウンドを促すために、滞在外国人との意見交換を行い、我々が日頃気付かない新たな魅力を見出し、おもてなしの精神をもち合わせた質の高い観光産業を推進させます。また、地域が持続的発展を遂げるために、道民とともに地域の未来を真剣に考え向き合う機会を設けることで、地域における諸問題解決へ向けた当事者意識の向上を図り、道民へ向けて新たな気付きから主体的行動を喚起します。そして、地域の未来を輝かせるために、LOMから生み出された政策を集約及び審査し、行政や各地青年団体をはじめ全国へと伝播することで、地域の魅力溢れる地方創生へとつなげます。
当事者意識が高められ行動喚起された道民とともに行う我々の運動が、おもてなしの精神をもち合わせた質の高い観光地として世界から憧れる北海道ブランドとして確立され、人と地域のつながりから生み出された資源とともに魅力と誇り溢れる北海道を創造します。

<事業計画>
1.北海道ブランドを世界へ発信する事業の調査・企画・実施
2.地域ブランドを取りまとめた北海道ブランドのプラットフォーム構築
3.日本JCジャパン・ブランド確立委員会との連携
4.北海道JCフォーラム2018の開催
5.北海道版政策コンテストの企画・実施