まずは一年間、日本青年会議所や佐賀ブロック協議会の運動に多大なるご支援ご協力を賜りましたこと、心より御礼申し上げます。

本年、佐賀ブロック協議会は「個性の輝きと調和がもたらす自立した佐賀の創造」をスローガンに、「市民に対する当事者意識と主権者意識の醸成」や「地域資源を磨く地域ブランドの確立」また、それらを力強く発信した「佐賀ブロック大会」、各LOMがより輝きを増すための「LOM支援」などの運動を中心に一年間取り組ませていただきました。すべての運動が100点満点とはいきませんでしたが、各LOMを背負って出向いただき、一年間担いを全うしてくれた役員には感謝しかありません。また、その役員を支えてくれた出向者の皆様にも同じように感謝いたします。本当にありがとうございました。

また、本年は九州イヤーの一年でした。皆様には、5月に行われたASPAC鹿児島大会から始まり、台風でご迷惑をおかけした第67回全国大会宮崎大会まで各大会の成功にむけて、登録や動員のみならず、多くのご支援をいただきました。これらの大会での原体験が皆様の今後のJCライフに活かされるのであれば幸いです。

一年間ブロック会長の職を預かり、あらためて思うことは、日本JCや地区、ブロックでの運動は、LOMあってのものであるということです。各LOMが各地で展開する運動を最大化させるためにブロック協議会が調整機関として横串となって機能することが重要であるということです。来年度も、金子ブロック会長予定者のもと、LOMに寄り添う佐賀ブロックを体現する一年になることを念ずるとともに、皆様にも佐賀ブロックに対して引き続きのご支援とご協力をお願いいたしまして、一年間のお礼の言葉に代えさせていただきます。

 

IMG_9787