一般社団法人高畠青年会議所の皆様、40周年誠におめでとうございます!

記念式典並びに祝賀会の報告を共有させて頂きます!

6月2日(土)に創立40周年記念式典を高畠町文化ホールまほらにて開催を致しました。

高畠町長寒河江信様はじめ多くのご来賓の皆様にご臨席を賜り式典を開催できたことにまずは感謝を申し上げます。また、山形ブロック協議会会長恩田健次君を筆頭に役員の皆様、山形ブロック内各地会員会議所会員の皆様、遠く宮崎からお越しくださいました姉妹JCの(一社)串間青年会議所理事長木代誠一郎君とメンバーの皆様。多くの青年会議所同士にお集まりいただきまして誠にありがとうございます。1979年7月1日に63名の勇敢な青年が結集し設立総会を開催し、8月25日にスポンサーJCであります、米沢青年会議所様のご尽力により、日本で650番目のLOMとして高畠青年会議所は誕生し、9月30日に認証伝達式を挙行し、その第一歩を踏み出しました。永きにわたりこの高畠で活動・運動を展開してこられた先輩諸兄の皆様の努力に敬意を表します。そして、今日まで歩みを進めることができたのも、皆々様のご協力・ご支援の賜物と深く感謝を申し上げます。

戸田実行委員長はじめ多くのメンバーが、当日まで入念な準備をしていただきました。まずは当日大きなミスも無く開催できたのも式典にお越しいただく皆様に感謝を伝えたい気持ちと、35周年から引き継がれてきたメンバーの気持ちが一つになる努力の結果だと思います。本当にお疲れ様でした。

司会は佐藤専務理事とフリーアナウンサーの松浦彩さんの絶妙なコンビの司会で始まりました。式典は過去5年間に亡くなられた物故会員の黙祷から始まり、安久津八幡神社に1000年もの間継承されてきた伝統文化の延年の舞をご披露させていただきました。10曲あるうちの2曲をご披露させていただきましたが、無音の中で開催される伝統文化に会場の皆様が心を打たれておりました。そして、戸田実行委員長の開会宣言により、力強く40周年の式典が開催をされました。セレモニーは当初理事メンバーで担当する予定でしたが、今年多くの入会をしていただき個人の成長につなげるため、会員にセレモニーを担当していただきました。初めて話すセレモニーにメンバーも緊張していましたが、リハーサルの成果があって、大きなミスもなくやり遂げることができ自信に繋がったセレモニーになったと思います。理事長挨拶はいうまでもなく、緊張の連続でしたが、感謝の気持ちとこれまでのJCの歩み、これからの高畠青年会議所の方向を話すことができました。その後、高畠町長、恩田ブロック会長からもご祝辞をいただき、誠にありがとうございました。

歴代理事長には25名参加していただき、理事長の紹介をさせていただきました。初代理事長の代表挨拶による設立の流れと想いは40年たった今も色あせることなく引き継がれており、青年会議所の歴史を感じることができるいい挨拶でした。島崎初代理事長誠にありがとうございました。続いてスポンサーJCであります、米沢青年会議所様へ感謝状を贈呈させていただき、目録としてポールセットを頂戴しました。横山理事長の気持ちのこもった対応とお返しに感謝の気持ちでいっぱいであります。誠にありがとうございました。そして、過去10年間の映像を振り返り、齊藤副理事長による閉会宣言で無事式典を閉会することができました。

会場をよねおり観光センターへ移動しての記念祝賀会が始まりました。会場内には宮崎県宮崎牛のブースや高畠の魅力の詰まった料理やお酒でおもてなしをさせていただきました。酒井副理事長の開会宣言から始まり、鏡開きでは立つ位置が分からなかったり、はっぴを着せる担当がいなかったり、お酒が入っていなかったりと…様々な問題が発生しましたが、臨機応変に対応し無事に乾杯まで進めることができました。乾杯のご発声は姉妹JCの木代理事長に務めていただき新幹線を乗り過ごした挨拶で会場を沸かせていました。串間のいも焼酎松露のお酒は絶品で会場内のほとんどの方が呑まれており、美味しいお酒をいただきました。祝賀会も中盤に差し迫り、アトラクションでは現役理事長と直前理事長のローション相撲が開催されました。想像以上に滑るローションは翌日の筋肉痛にも影響しましたが、会場内を盛り上げることができました。そして勝者は理事長ということで現役の威厳をなんとか保つことができました。けがもなく開催できてまずはよかったと思います。その後ブロック大会米沢大会のPRを開催していただき高畠JCも全力でバックアップする気持ちになりました。PRしていただいたブロック大会の皆様、米沢青年会議所の皆様お疲れ様でした。そして、祝賀会もいよいよ終盤に差し迫り、わかいわれらの合唱が行なわれました。プレゼンターは35周年の時の米沢JCの理事長である本多先輩に務めていただき、会場内をわかせることができました。閉会宣言並びに実行委員長の御礼は戸田実行委員長の気持ち溢れる言葉で締めくくることができ、無事創立40周年記念式典並びに祝賀会を閉会することができました。改めてこれまで支えてくださった皆様に感謝とこれからの高畠JCに対するご協力を重ねてお願い申し上げます。誠にありがとうございました。

d67935de 932e7c63 40d86cf8 8f8cdc7b a05d8524 d38e613b 7b60b519 b8bbaa08 924089c5 97cdfdcb 98f5d5bf 3b820744 f9c0d0fe 0d9e7ae2 309fd6ca f73b15e4 36ad5283