UPDATE 新たな時代へ先入観を捨て奇跡を起こす島根の創造

会長所信

  • HOME »
  • 会長所信

スローガン 

UPDATE 新たな時代へ先入観を捨て奇跡を起こす島根の創造

平成という時代が終焉を迎えた今、新たな時代を迎えるにあたり、厳しい寒さの後に春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように、一人ひとりの日本人が明日への希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせることができる。令和に込められた願いであります。現在日本社会全体に多種多様な先行きの見えない多くの問題と課題が山積みとなっています。特に人口減少が引き起こす地方においての担い手不足問題は年を追うごとに経済への影響は増しています。更には少子高齢化がこのまま進めば今以上に地域経済は衰退の一途を辿っていきます。

我々青年会議所は地域の未来を見据え明るい豊かな社会の実現を目指し、戦後の敗戦国家の復興からいつの時代においても地域の発展に青年としての英知と勇気と情熱を掲げ明るく照らしてまいりました。先行きの見えにくい時代だからこそ時代に即したJayceeとして新たな変革に対し自らが変わり自らの魅力に集まった周りを変えJCとしての組織改革が必要不可欠であります。変革から生まれる新たな価値を発信することで地域を盛り上げる若者の受け入れにつながると確信しています。そして2019年1月の京都会議で行われた総会にて決議された国連が掲げる目標であるSDGsはこれからの時代において誰一人取り残さない持続可能で多様性と包摂性ある社会を目指すべく指針となりました。地域の未来を見据えた持続可能な社会を目指し、JCの新たな価値の浸透と未知なる可能性をブロック内の各地LOMと連携して築き上げていきます。我々は地域のまちの発展を考えた時に次代の若者に思いを致さなければなりません。近年周辺諸国による軍事活動の活発化といった国際情勢の緊迫化が我々の生活を脅かしています。この各国間での争いは竹島を所有する我々県民にとっては大きな不安とともに国に対する多様な要望として意見が寄せられています。私たちは一国民として日本に対する国民意識を今以上に醸成していく必要があります。県民を守るということは国を守るという意識の改革が、これからの地域を守り国の力を更に引き上げていきます。そしてブロック内の会員が一堂に会する島根ブロック大会を9年ぶりとなる隠岐大会を盛大に開催します。

最後に青年会議所には、素晴らしい出会いがあり、出会いには人の未来を変える力がある。一人ひとりが誰かの未来をより良く変える存在として心を寄せ合い島根から関わる全ての人が笑顔と生きがいが溢れる日本の創造に向け自らの大きな一歩を踏み出してまいります。

〈事業計画〉
1. 柔軟かつ開放的な組織改革を行うための事業の実施
2. ブロック内各LOM連携による会員拡大の支援
3. 地域社会でSDGsを達成していくための事業の実施
4. 選挙における各種討論会の実施 投票率の向上
5. 多面的な安全保障に関する国民的議論を巻き起こす事業の実施
6. 会長公式訪問例会の実施
7. JCカップU−11少年少女サッカー大会の実施
8. ブロックアカデミーの実施
9. 島根ブロック大会の開催

公益社団法人日本青年会議所 中国地区島根ブロック協議会
2020年度会長 松田 岳士

PAGETOP
Copyright © 島根ブロック協議会 All Rights Reserved.