あらゆる個性と美意識が結びつく近畿の実現

「with BABY宣言に込める想い」

with BABY宣言の普及に取り組む一般社団法人シアワセノカタチ代表 礒田麻起子さん

35645
子育てをしていても、すべての方が働きやすい社会を目指す活動

それが with BABY

withBABYマーク

 

 

子育ての始まりがキャリアを諦めるということに繋がっている方、日本ではまだまだ多いのではないでしょうか。

 

産休がある企業にいたが、産休を取得しづらいため、仕方なく退職した。

産休明けに復帰したが、仕事と育児の両立ができず退職した。

子どもを預けることができる年齢になったので再就職したいと思うも採用されない。

 

という仕事に対する悩みは絶えずあります。

 

with BABYが何故子育て社員の就労問題に注目したのか、今の日本にとって大きな問題である少子化にもつながっているということを、皆が理解し、考えていくきっかけを持ってほしいと思いました。

 

私自身、妊娠中に退職していましたので、産後、求職活動をしました。その中で感じたのは、社会の「子供がいる=病気で休む=雇いたくない」ということが、定着しすぎている、ということでした。「子供がいると雇えないってわかるでしょう?」という言葉も聞くことがありました。この期間、選択肢がない現実を肌で感じました。

 

今の時代、人材不足が深刻になってきていますが、その先の未来では少子化により更なる人材不足に陥ることになります。子供の声がうるさい、泣き声が嫌いという大人も、スタートはお母さんのお腹から。

 

これからお父さん、お母さんになるであろう方、いまお父さん、お母さんである方、子育てをされている方が身近にいらっしゃる方、みなさんいっしょに、全ての人が「諦める選択」以外の選択ができる社会を、企業と社員が未来を共創する社会を実現できるよう、まずはwith BABYを宣言し、新しい未来に向かってスタートしましょう!

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

日本青年会議所

Count per Day

  • 50現在の記事:
  • 10今日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
PAGETOP
Copyright © 近畿地区協議会 All Rights Reserved.