どうも、そばもいいですが、どんぎつねが好きです。

いろんな意味で寒くなってきました。

 

平野財政局長からバトンを受け取りました本年度事務局長を務めさせていただいている原 尚平と申します。

 

何を書こうかとても迷いましたので、会長から声がかかった時から今日までの想いをつらつらと・・・

 

私はJCI犬山所属で入会4年目です。実はアカデミーを経験しておらず、愛知ブロック協議会へは初出向であり、まさかの事務局長という大役(笑)。当時の内田理事長より、事務局長の話がおりてきまして、私の他に2人候補がいたのですが、直感的にこれは自分しかいないと感じ、やらせていただきますと返事をしました。

 

返事をしたはいいものの、わからないことだらけでしたので、楽しみ2割、不安8割でした。わからないことはすぐに前年度事務局長の戸嶋さんに電話し、経験豊富な柴田運営専務、平野財政局長に支えられ、なんとか事務局長を務めてきました。

 

やはり印象的な出来事は名古屋会議ですね。当日を迎えるまでは夢にも出てきて文字通り、寝ても覚めても名古屋会議のことで頭がいっぱいでした。名古屋会議が無事終わり、決起集会の中で登壇する機会をいただき、スピーチする時に事務局メンバー全員が立ってくれた光景が鮮明に焼き付いています。

 

そして日々の事務局業務でたまに(?)ミスをすることもあります。副会長の皆様にそれを「原トラップ」と名付けていただきました(笑)。2021年度が終わるまでにあと何個原トラップを仕掛けようか・・・

 

また、終わりが近づいてきた今日この頃ですが、委員長たちと話していると、私が事務局長でよかったと言っていただけます。これは涙ちょちょ切れ案件ですね。ただ委員長のがんばっている姿を目の当たりにしているので私もがんばれます。

 

というわけで取り留めのない話になってしまいましたが、今は楽しみ10割で活動しております。県内会員会議所の皆様、愛知ブロック協議会役員の皆様には不手際の多い事務局だったかもしれませんが、私個人としては最高な仲間に囲まれて、最高に幸せな500日間だったと感じております。

 

そんな機会を与えていただいた山﨑会長に感謝申し上げます。

 

ありがとうございます!!