新たな価値を生み出すイノベーターとなり夢を描けるまち京都の実現

副会長所信

副会長 由利 直樹

由利副会長

京都ブロック協議会は、先輩諸兄姉より受け継いだ高い志と誇りを胸に、地域のオピニオンリーダーとして時代に先駆けた運動を推し進め、魅力あふれる京都の発展に貢献してまいりました。公益社団法人格を持つ意識変革団体として、会員の意識変革から促される組織の成長と、公益性高い財政支出と法令を遵守した秩序ある組織運営の図られた確かな 団体を次代へと引き継ぎ、地域から信頼される団体としてさらに進化する必要があります。まずは、京都ブロック協議会の地域におけるブランディングの向上と更なる社会的な信 頼を獲得するために、各種権利の保護および法令の遵守を徹底した厳正なコンプライアンスの管理を行うことで、組織運営における会員の意識変革とガバナンスの強化を図ります。そして、先輩諸兄姉が積み上げてこられた組織としての知識を継承し、目的の達成に向けた最も効果的な事業を実施するために、JCプロトコルの重要性を徹底した厳格な議案精査を行い、議案に向き合う会員の成長を促し、積極的な議論の構築を図ります。さらに、我々の価値を高める事業の推進を図るために、各委員会と相互に緊密な関係を構築し、精度の高い議案の上程につなげます。また、府内各地会員会議所からお預かりする貴重な財源を活用し、公益法人として相応しい財務運営を実行するために、新公益法人会計に基づいた管理の指導と確認の徹底を図り、適正な費用対効果と適格な相対支出を確保した公益性の高い事業の実施につなげます。そして、LOMの財務運営に寄与するために、JCカードの内容を府内各地会員会議所にお伝えし、JCカードの有益性の周知につなげます。我々は、確かな知識を身に付け、公益性とコンプライアンスを徹底した革新的な事業を推進する志高いリーダーとして、唯一無二の活動を行う意識変革団体へと進化し、新現代の黎明期を切り拓くイノベーターとなり、誰もが夢を描けるまち京都の実現を目指します。

 

副会長 南田 純一

南田副会長

昨今の情報伝達技術の発展により個人や各地からでも発信が容易となり、情報発信が大きな力を持つ時代において、我々は、これまで各地の魅力を発信し、京都全域に影響を与える運動を展開してきました。今後も率先して行動し、さらなる府民の共感を集め、我々は地域から必要とされる団体として一層の組織力強化に努め、情報発信が生み出す波及効果を活かし、府民とともに夢を描けるまちとして、京都をさらに輝かせる必要があります。まずは、府内各地会員会議所の地域に根差した運動をさらなる発展へと導くために、其々の地域特性を活かした事業の有益性を審査することで、今後の活力を創出しJC運動から地域を活性化させます。そして、会員の意識高揚や新たな学びや気づきを得ていただくために、模範となる事業に栄誉を称える場を設け、会員並びに府民に発信することで、 京都の未来を輝かせる有益な事業の構築へつなげます。さらに、会員会議所会議において活発な議論が交わされるために、細部にまで気配りを忘れずに設営や進行をすることで、より効果の高い運動へつなげます。また、京都の未来を輝かせる運動への糧とするために、会議で決定された事項や議論の軌跡について正確な議事録を作成することで、本年度の有益な運動につなげ次代へ継承します。そして、会員相互の情報共有と更なる社会的認知度向上のために、対内外に向け各種事業や活動内容を情報発信し、我々の運動への理解を深化させます。さらに、府内でJC活動に邁進する会員の想いを共有するために、広報誌の企画作成及び配信を行うことで、会員のさらなる活動意欲や出向に対する関心を高めます。何事にも果敢に取り組み得た知識と経験という財産を活用し、地域社会の課題解決に向け政策を立案し自ら実行する組織としてより一層進化を遂げた我々は、社会を動かす力強い運動発信により、住み暮らす地域がさらに輝く誰もが夢を描けるまち京都を実現します。

 

副会長 堀 恭介

堀副会長

昨今、世界では価値観の違いにより様々な問題が起こっており、近隣アジア諸国と我が国の関係においても依然友好的な関係とはいえず、未来志向な関係を構築することが求められています。私たちは国際都市京都を更に魅力あふれる地域にするべく伝統や文化をアジアや世界へ発信し、心が通う民間外交を通じ相互理解へ向け、新たな価値観を創造するイノベーターとして、世界の平和と安定に向けた運動を展開していかなければなりません。まずは、私たちがアジア諸国に、和を重んじる精神から成り立つ素晴らしい価値観を伝えるために、自国の歴史や文化を見つめ直し、相手を慮る日本の心と誇りを高めます。そして、グローバルな視点でアジア諸国のJCメンバーとの相互理解につなげるために、他国の歴史や文化を学び、違いを理解し、積極的な交流を通じて共通点を認識することで、意思疎通を図ります。さらに、国境を越えた友好関係を築くために、目的意識を持ち、肩を持ち合い事業に取り組むことで、国を越えた絆や友情が育まれ、信頼関係の構築へとつなげて参ります。また、アジア諸国を知るグローバルな人材育成につなげるために、京都ブロック協議会のスケールメリットを活かし、ASPACウランバートル大会に協力並びに支援を行い、京都の伝統と文化の魅力を発信することで、国際交流を通じた民間外交を構築致します。そして、国際社会の課題に取り組む一員として貢献するJAYCEEへ成長するために、世界会議アムステルダム大会へ協力並びに支援を通じ、アジアだけでなく、世界を見据えたグローバルな視点と行動力で、輝かしい未来へ歩みを進めてまいります。 私たちが、近隣アジア諸国と心が通う国際交流事業を通じて、尊重し合える社会に向けた運動が世界平和につながり、自国に誇りと和の心を持つJAYCEEの起こす行動が、地域に波及し、未来を切り拓くイノベーターとなり夢を描けるまち京都を実現いたします。

 

副会長 高畠 誠

高畠副会長

我々は44年の長きにわたって、府内各地会員会議所メンバーが一同に会し、京都はひとつの想いと地域を愛する先輩諸兄姉から受け継がれてきた歴史や伝統を継承し、地域の発展に向けて活動してまいりました。しかしながら若者の主権者意識や道徳心の低下などの課題も抱えており、地域資源を有効活用した持続的な発展と、府民一人ひとりが主権者意識と道徳心を兼ね備えた、夢を描けるまち京都の実現へとつなげていく必要があります。まずは、京都ブロック協議会の方向性の再確認と意識統一を図るために、会員会議所が一同に会し、京都ブロック協議会の活動や先輩諸兄姉から受け継がれてきた歴史を発信することで、京都はひとつの想いを再確認します。そして、国を支える主権者意識と道徳心を兼ね備えた自国を誇れる子供たちを育成するために、現在の教育を課題検証し、目に見えないモノを大切にする価値観を発信することで、今後目指すべき教育への関心を高めます。さらに、京都の経済を長期繁栄させるために、アニマルスピリッツを喚起し、地域の未来への投資意欲を高めることで、本業を通した社会貢献への意識を醸成します。また、新たな価値を生み出すために、府内各地会員会議所のコミュニティを強化し、京都府内に存在する文化や特産品を発信することで、魅力ある地域資源とそれを活かす人とのつながりが強固になり、新たなビジネスモデルやライフスタイルの創造へつなげます。そして、 京都が誇る地域の魅力を近畿各地の人々に広げるために、近畿地区協議会への協力と支援を通じて京都の魅力を発信し、京都に存在する魅力ある地域資源の認知度を向上させます。 地域課題に取り組んできた我々は、新現代の黎明期を切り拓くイノベータ―として、府民とともに文化や特産品を活かした地域再興を成し遂げ、目に見えないモノを大切にする価値観を持った、地域未来への想いあるひとが溢れる、夢を描けるまち京都を実現します。

 

副会長 江守 錬太郎

江守副会長私たちの住む京都では各地でそれぞれの特性を活かし発展をしてきましたが、現代において若者の主権者意識の低下や人間関係の希薄化など様々な社会環境の変化が取り沙汰されおり、地域から明るい未来を切り拓いていく運動が求められています。私たちは地域から必要とされる団体として、多くの会員を継続的に迎え入れ青年会議所の価値を高め、地域や府民に対してあるべき未来を示し、誰もが夢を描ける社会にしていく必要があります。まずは、各地会員会議所が地域に無くてはならない団体として発展していくために、会員拡大活動において各地会員会議所が抱える課題を解消することで、より継続的に会員拡大へと行動できる機会を創出し、情熱を持った会員の増強を通じて価値をさらに高めます。そして、会員拡大に対しての情熱や意識を持続させるために、会員拡大の現状分析をするとともに、各地会員会議所の拡大担当者が実施している会員拡大に関する情報を共有した上で互いに切磋琢磨していただく場を支援し、より効果的な会員拡大活動へつなげます。さらに、地域の未来を担う子供たちの健全な育成のために、スポーツを通じて成長段階で必要とされる礼儀作法や喜び、敗者への思いやりといった経験をしていただくとともに、未来に夢や希望を描ける場を支援し、地域の明るい未来を担う人材作りへとつなげます。また、憲法改正発議の条件が整ったことを踏まえ、時代の変化に対応した憲法の輿論を喚起するために、自分事として現行の憲法と向き合い、国のあるべき未来像を描きながら議論する機会を創出し、府民の主権者としての自覚と憲法に対する意識の確立を図ります。新たに迎え入れた情熱に溢れた会員とともに地域の明るい未来へ立ち向かう私たちは、様々な価値観が混在する現代であっても新たな価値を切り拓くイノベーターとして、地域や府民に対して明るい豊かな未来を示し、誰もが夢を描けるまち京都を実現していきます。

 

副会長 野中 篤

野中副会長

私たちの住む京都では各地でそれぞれの特性を活かし発展をしてきましたが、現代にお1 いて若者の主権者意識の低下や人間関係の希薄化など様々な社会環境の変化が取り沙汰されおり、地域から明るい未来を切り拓いていく運動が求められています。私たちは地域から必要とされる団体として、多くの会員を継続的に迎え入れ青年会議所の価値を高め、地域や府民に対してあるべき未来を示し、誰もが夢を描ける社会にしていく必要があります。まずは、各地会員会議所が地域に無くてはならない団体として発展していくために、会員拡大活動において各地会員会議所が抱える課題を解消することで、より継続的に会員拡大へと行動できる機会を創出し、情熱を持った会員の増強を通じて価値をさらに高めます。そして、会員拡大に対しての情熱や意識を持続させるために、会員拡大の現状分析をするとともに、各地会員会議所の拡大担当者が実施している会員拡大に関する情報を共有した上で互いに切磋琢磨していただく場を支援し、より効果的な会員拡大活動へつなげます。 さらに、地域の未来を担う子供たちの健全な育成のために、スポーツを通じて成長段階で必要とされる礼儀作法や喜び、敗者への思いやりといった経験をしていただくとともに、未来に夢や希望を描ける場を支援し、地域の明るい未来を担う人材作りへとつなげます。また、憲法改正発議の条件が整ったことを踏まえ、時代の変化に対応した憲法の輿論を喚起するために、自分事として現行の憲法と向き合い、国のあるべき未来像を描きながら議論する機会を創出し、府民の主権者としての自覚と憲法に対する意識の確立を図ります。新たに迎え入れた情熱に溢れた会員とともに地域の明るい未来へ立ち向かう私たちは、様々な価値観が混在する現代であっても新たな価値を切り拓くイノベーターとして、地域や府民に対して明るい豊かな未来を示し、誰もが夢を描けるまち京都を実現していきます。

PAGETOP
Copyright © 京都ブロック協議会 All Rights Reserved.