九州創生会議 事業計画

九州創生会議 議長 坂下利一郎

 人口減少を要因として経済面や人材面における地域間格差が広がり、単一地域では解決1 できない課題が深刻化する中、九州各地に息づく独特な個性を紡ぎ合わせることによって、地域同士が一体的に発展していこうとする機運が高まっています。九州における県境を跨いだ地域間連携は未だ多くの可能性を有しており、九州JAYCEEが久留米の地に一同に会する機会を活用し、「ALLKYUSHU」で挑む九州創生の意識醸成が必要です。

 まずは、地域から日本の未来を切り拓くために、本会の事業・運動を推進します。そして、次代に続く地区大会の開催地を決定するために、主管LOM立候補説明会を開催し、地区大会を主管することで得られるLOM活動の活性化や開催地域にとっての魅力を伝えます。さらに、地区大会にて地区協議会の運動の影響力を高めるために、開催日程を早期に公表し、九州JAYCEEや地域市民の参画意識を高めます。また、歴史ある開催理念を言葉とは違うアプローチで各地に広めるために、大会の理念を視覚的に連想させるシンボルマークを作成し、地区大会に対し親近感と参加意欲が湧くPRを展開します。そして、単一地域では解決できない課題に対し解決の糸口を提示するために、広域的な枠組みが持つスケールメリットを生かした地域間連携に焦点を当てたフォーラムを開催し、「ALLKYUSHU」による九州創生を成し遂げる必要性を伝播します。さらに、開催地である久留米の魅力を活用した地区大会を運営するために、主催者と主管者が対等で建設的な関係を構築し、地区大会が相互利益を生み今後も永続的に発展し続ける大会を実現します。

 九州創生を成しうる九州JAYCEEが、潜在的に宿す「ALLKYUSHU」の精神を呼び起こし、市民の社会変革意識を喚起させ、九州という枠組みから各地に潜む独特な個性を紡ぎ合わせた強固な地方間連携を確立し、希望に溢れる自立した九州を創造します。

<事業計画>

  1. 本会事業・運動の推進
  2. 2018年並びに2019年地区大会主管LOM立候補に関する事業の企画・実施
  3. 九州地区大会2017久留米大会の企画・運営