経済再生委員会 事業計画

経済再生委員会 委員長 山縣 昌彦

 九州は古くからアジアの玄関口として優れた人、モノ、情報、文化を取り入れながら発展してきた中で、都市部への労働人口流出問題を抱えつつも、国家的なインフラ整備で九州の魅力向上と交流が促進され地域経済発展の可能性を秘めています。我々が、市民とともに国民経済の正しい理解を携えて、主要産業のイノベーションが実現させ、付加価値が創出されデフレからの脱却となる、経済再生による自立した九州経済圏の確立が必要です。

 まずは、地域から日本の未来を切り拓くために、本会の事業・運動を推進します。そして、デフレから脱却するために、国民経済の仕組みについて市民の認識度を調査しメディアから発信される情報を市民が誤った理解から正しい知識に変える機会を提供することで、市民とともに政府の正しいインフラ投資が実現できるように繋げます。さらに、弱みを強みに昇華させ強みをより強化するために、九州JAYCEEの生業と産業を分析し、産業に対する目標の達成を目指します。また、我々の産業の顧客創造価値と国際競争力の向上のために、地理的優位性を活かした産業のイノベーションを興し、地域経済の再生を構築します。そして、生産性の向上と需要拡大による経済発展と人口増加を実現するために、陸・海・空を活用して人やモノの移動を短縮し、都市部への一極集中を是正させる政府のインフラ整備の必要性を市民に共感させます。さらに、政府の公共投資を後押しするために、国家的なインフラ整備に関する輿論を喚起しその民意が見える署名活動へと展開することで、国家的な整備計画の早期実現にむけて正しい輿論が形成されるよう推進します。

 九州JAYCEEが地域経済成長の牽引役となって、整備計画の早期実現を機に、地域に魅力や活力、競争力を与える好循環を生み出し、循環型経済圏が市民とともに実現され、経済再生による自立した九州経済圏が確立し、希望に溢れる自立した九州を創造します。

<事業計画>

  1. 本会の事業・運動の推進
  2. 国民経済の仕組みを理解する事業の企画・実施
  3. 主要産業の顧客創造価値と国際競争力を高める事業の企画・実施
  4. 国家的なインフラ整備に関する輿論喚起