山形ブロック協議会2017年度公式ホームページ

アカデミー委員会

  • HOME »
  • アカデミー委員会

副会長事業計画

山形ブロック協議会 副会長 加藤 剛士

 豊かな自然と多くの地域資源に恵まれたやまがたでは、過疎化や人口減少、地域産業の衰退などの課題がありますが、各LOMには入会年度の浅い会員が数多く存在し、それらの課題に立ち向かう新たな会員を育成する契機を迎えています。これまでのやまがたを次世代へ繋ぎ、明日のやまがたを創る我々は、やまがたを共に想う多くの同志と、それぞれの地域において豪傑というべき地域を牽引する新しいリーダーを育成する必要があります。
 まずは、入会3年未満の会員が、各地域で次世代を担うJAYCEEとして成長するために、青年経済人としての知識と幅広い視野を学ぶ場を設け、意識の変革と当事者意識を醸成します。そして、様々な課題に積極的に取り組むリーダーとして地域に貢献し、周囲を牽引していく人材を育成するために、日本JC本会のプログラムを取り入れた育成プログラムを実施し、行動力と対話術と独創性のある課題解決力を兼備した会員へと導きます。さらに、人生最高の喜びである自己成長を求める飽くなき向上心を育むために、自覚と気概の溢れる同志との交流の中で、共通の目的に向いつつも切磋琢磨することで自らの価値観を再認識し、自己成長へ投資するアニマルスピリッツを喚起します。また、各LOMが地域における運動をより発展させるために、日本JC本会と連携した運動の発信と、各LOMにおける各種公認プログラムの開催を支援し、我々も含めた会員の成長を促します。そして、我々の運動を次世代へ継承していくために、各LOMの新入会員育成の積極的な支援体制の構築と支援活動を行い、更なる次の世代を担うリーダーの育成へと繋げます。
 多くの学びを通じ地域を牽引する次世代のリーダーとなった同志とともに、一期一会の覚悟を持って市民意識変革運動の先頭に立ち、自らの運命に挑み続けて行動した我々が、それぞれの地域発展の原動力となり、笑顔が溢れ誰もが夢を描けるやまがたを実現します。

委員長事業計画

山形ブロック協議会 委員長 奥山 恵治

 先達の中には豪傑と呼ばれる人が存在し、地域に変革をもたらしまちを笑顔にしてきましたが、その人たちも次々に卒業し、3年未満の会員が過半数を占めるLOMが各地で存在する今、次世代を担う若者の資質向上が求められます。これからも自己研鑽を積み重ね成長し笑顔溢れるやまがたを想い行動を起こしていく我々は、周囲を巻き込み地域社会を牽引し地域に革新を起こす実行力ある豪傑と呼ばれるリーダーを育成する必要があります。
 まずは、アカデミー生が社会から求められる人材に成長するために、JAYCEEとしての心構えや青年経済人としての知識を学び、広い視野を持って課題の解決策を導き出す人材を育成する場を設け、地域を変えていく当事者意識を高めます。そして、我々が地域社会に貢献するために、熱く想いを人に伝え心を動かせる対話術や、課題に率先して取り組む行動力と社会に変革を起こす独創性のある人材を育成する事業を実施し、仲間を牽引し活力あるリーダーを育成します。さらに、強い向上心を持った人材を育成するために、多くの同志と時間を共有し絆を深める中で、互いに物事に取り組み競い合いながらも努力することで、自分を磨き続けるアニマルスピリッツを高めます。また、我々の運動がより活発に発展していくために、各LOMにおける各種公認プログラムの開催の支援と日本JC本会との連携した運動の発信に積極的に取り組むことで会員が成長し、組織力向上に繋げます。そして、我々の運動が市民に共感を集めJCの価値を高めるために、新入会員の人材育成の支援と新たな支援体制の構築に取り組み、次世代を担うリーダーを育成します。
 仲間と過ごす時間の中で、自分を磨き続ける強い向上心や地域社会を変える当事者意識を高め、一期一会の覚悟を持って地域を牽引する豪傑の器へと成長したアカデミー生と我々が明日のやまがたを創り上げて、笑顔が溢れる誰もが夢を描けるやまがたを実現します。

<事業計画>

1.広い視野を持った豪傑の育成

2.地域のリーダーとなる人材の育成

3.本会の運動の発信を取り入れた事業

4.LOMの新入会員育成プログラムの支援

5.その他

年間事業フレーム

【アカデミー委員会】年間事業フレームver.08-001

PAGETOP