山形ブロック協議会2017年度公式ホームページ

総務委員会

  • HOME »
  • 総務委員会

委員長事業計画

山形ブロック協議会 委員長 齋藤 竜也

 日本JC本会の組織の一部で、各LOMに一番身近な存在である我々は、やまがたの明るい豊かな社会の実現へ向けた青年会議所運動を展開するとともに、多種多様な媒体を活用し、県内各地へと幅広く発信してきました。連綿と受け継がれ50年目を迎える新現代の黎明期において、透明度の高い組織運営は重要な使命であり、日本JC本会と各LOMの架け橋となる我々が、やまがたから日本を変えるための運動を伝播する必要があります。
 まずは、組織運営を行う中枢として諸会議の運営を円滑にするために、会議資料の精査を行い、精度の高い資料にすることで、諸会議の質と効率を向上させます。そして、各地域の活性化に繋がる事業を展開するために、議案書作成セミナーや事業の協力依頼の窓口として支援し、積極的に実施することで、各LOMの事業の効果をより高めます。さらに、県内各地へ運動の魅力を届けるために、時代に即した媒体を有効活用し、迅速かつ幅広く情報を発信することで、県民の運動に対する共感を集めます。また、未来を見据えた運動を展開するために、これから必要とされる運動の情報を、各LOMを巻き込んで収集し、山形ブロック協議会として明確にすることで、次代へ運動の魅力を引き継ぎます。そして、会員一人ひとりが運動の達成感を肌で感じ、より魅力ある事業を展開するために、褒賞事業を開催し、県内へ発信することで、会員の自信と誇りを確固たるものにします。さらに、県内の地域発展のために、日本JC本会やJCIが行う褒賞事業の情報を収集し、申請された事業の受発信を積極的に支援することで、やまがたの魅力を幅広く発信します。
 半世紀の歴史ある山形ブロック協議会の運動のさらなる飛躍の起点として、組織運営の中枢であり、県内各地へ様々な情報を正確かつ迅速に幅広く発信した我々が、各LOMとコミットし一期一会の覚悟を持って、笑顔が溢れ誰もが夢を描けるやまがたを実現します。

<事業計画>

1.会員会議所、役員会等諸会議の効率的な運営・発信

2.会員会議所への諸会議、事業等のサポート

3.対外発信力の強化に向けた取り組み

4.組織進化のための行動

5.JC運動の発展に資する17LOMの事業の受発信

6.その他

年間事業フレーム

【総務委員会】年間事業フレームver.7-001

PAGETOP