国府宮はだか祭

「国府宮のはだか祭」として知られるこの祭りはせいしきには「儺追神事」(なおいしんじ)といい、毎年旧正月十三日に行われています。

その起源は古く、神護景雲元年(七六七年)称徳天皇の勅命によって悪疫退散の祈祷が全国の国分寺で行われました際、尾張の国司が総社である国府宮神社(尾張大國霊神社)に於いても祈願したのに始まると伝えられ、古い伝統を持った神事といえます。

この神事は祈祷と神籤によって選ばれた一人の儺負人(神男)を巡って、裸男達による肉弾相打つ壮絶なもみ合いを繰る広げるものです。これは、神男に触れれば厄落としができるとの信仰からです。

はだか祭の翌日旧正月十四日午前三時に、境内東南の庁舎(ちょうや)に於いて夜儺追神事が行われます。一宮、二宮、三宮、総社の神様を神籬にお招きして天下の厄災退散の祈願をした後、神男にありとあらゆる罪穢をつき込んだものとされる土餅を背負わせ神職が大鳴鈴を振り鳴らしながらこれを追い立て境内へ追放します。そして、神男は途中で土餅を捨てて後をも見ずに帰宅し、土餅は神職の手によってその場に埋められます。これにより土から生じた罪穢悪鬼を土へ還し国土平穏に帰したと信じるのです。この神事が儺追神事の本義であって、古くよりこの土餅を土中に埋める事がこの神事中最も神聖視され、重要視されています。

 

本年の神男、松岡武弘くんは稲沢青年会議所のメンバーです。

 

記事:一般社団法人稲沢青年会議所 2017年度理事長 宮野 剛至

inz01 inz02inz04