2018年6月3日(日)、鳥取県立布勢総合運動公園球技場にて、「JCカップU-11少年少女サッカー全国大会鳥取ブロック予選大会」を開催しました。当日は晴天に恵まれグッドコンディションの中、県内各地より参加された子ども達が、元気いっぱいに芝生の上を駆け回りました。

大会の途中には、SC鳥取様ご協力のもと、サッカークリニックを行いました。チームを混合で公園遊びやミニゲーム、グループワークを行い、他チームの子ども達が協力しながら一緒に楽しく学ぶ時間となりました。JCメンバーも途中参加し、子ども達と一緒に汗を流し楽しい時間を過ごさせて頂きました。子ども達のスピードに圧倒されながらも、普段味わうことの出来ない経験をさせて頂き、元気をもらいました。グループワークでは、グッドルーザー精神という難しい内容についてディスカッションをしました。子ども達もなかなか意見が言えず苦労していましたが、チームで話し合い、何とか頑張ってまとめてくれました。メンバーも一緒に考えましたが、子ども達の気持ちを考えたり、また伝えることの難しさを実感し、逆に勉強させて頂きました。そして、親切丁寧にご指導して頂きましたSC鳥取の濱田様、岸本様、ありがとうございました。

試合の方は雰囲気が変わり、皆さん真剣で、白熱した素晴らしい試合が行われました。決勝戦は2-2の同点。最後はPK戦の末、鳥取KFC様が勝利されました。おめでとうございます!優勝された鳥取KFC様には、鳥取県の代表として中国地区大会へ、そして全国制覇を目指して頑張って頂きたいと思います。

とても暑い1日でしたが、皆様のおかげをもちまして、大きな事故やケガも無く無事に大会を終えることが出来ました。本大会にご参加ご協力頂きましたチームの皆様、関係者の皆様、すべての皆様に感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

IMG_1599 IMG_1643 IMG_1669 IMG_1677 IMG_1684 IMG_1687 IMG_1703 IMG_1767