公益社団法人日本青年会議所 関東地区 千葉ブロック協議会 2018

事業計画 意見書

  • HOME »
  • 事業計画 意見書

事業計画

終戦後の高度経済成長期を迎える中、農林水産業と湾岸部の広域開発事業などで発展を遂げてきた千葉県ですが、千葉湾や国際空港の機能が拡充され、地域創生に向けた首都圏としての機能が充実してきました。有機的な組織連携をもつ我々は、数値的根拠を基に、労働生産性人口の減少など、地域の政治課題が改善されるよう「和」の調和から市民が主体的に行動でき、溢れる魅力から誰もが誇ることができる地域を創造する必要があります。まずは、誰もが誇れる魅力的な地域を創るために、我々が目指す運動の意義を学び社会実験的に事業を行える機会を創出することで、主体的に活動できる人材が育成されます。そして、地域創生を実現するために、社会資本整備に向けた政策を推進することで、継続的な経済効果が地域にもたらされます。さらに、若者に主権者としての格が備わるために、アクティブラーニングによる主権者教育を推進することで、若者の社会的能力が向上します。また、組織として認知度が高まるように、多様なツールから情報を行い、地域からの理解を得られます。そして、地域創生を果たすために、積み上げてきた成果を発信できる大会を行うことで、地域ブランドの魅力が高まります。さらに、継続的に組織が繁栄するために、有益なセミナーを開催することで、強固な組織が確立されます。また、改憲に向けて明確な主権者意識を確立するために、幅広い世代と議論を行える機会を提供し、憲法輿論喚起が巻き起こり広域的な改憲意識が高まります。そして、有事の際に広域連携を果 たすために、活発な意識啓発活動を行い、有事に備えた当事者意識が浸透していきます。明確な運動に対する意義を理解し市民の意識変革をなし得る人財が育成され、地域創生に向けた社会資本の充実から中長期的に効果が浸透し、主権者として格を備える若者が育ち、溢れる地域の魅力が次代へ継承される循環から愛と希望溢れる国 日本を創造します。

 

意見書

はじめに

1949年、志し高き青年たちが「新日本の再建」を掲げ立ち上がりました。そこには、我が国におい て古より大切にされる日本人のアイデンティティとして固有の価値観と、世のため人のために普遍的な 生き方をする「和」の精神性が存在しました。豪傑といわれる先達たちは「和」の精神性とJC三信条 という強い志により「明るい豊かな社会の実現」を目指し果敢に挑んできました。先輩諸兄は活動する 地域のことを真剣に考え、また悩み、 自利と利他が調和することで、地域課題の解決に向け一つの糸口 を見出してきました。そして、平成の終焉にあたり社会情勢も目まぐるしく変わる黎明期を迎え、これ まで先輩諸兄が綿々と紡いでこられた歴史ある「糸」を切れることなく、現代のJAYCEEにより、 未来に向けてさらに強固な「糸」へと紡ぎ続けていくことが求められています。私たちの責務は、目に 見えない古より大事にされてきた日本人のアイデンティティである価値観を理解し、地域に伝えていく ことです。私は、その価値観を理解するとともに、青年会議所活動において、「意識変革団体」の一員と して、先ずは自分の意識を変え、関わる人の意識を変えることを目標に掲げ実行してきました。そんな 世のため人のためにおこなう未来への投資こそが自分のために繋がるのです。現在、625万人が住み 暮らす千葉県は、全国的に囁かれている東京一極集中など様々な課題があり、2040年には千葉県の 人口が約95万人減少し約530万人となることが想定され、そのうち、280万人が老年人口と超高 齢化が急激に加速していく事になります。驚く事に千葉県では27の市町村が消滅可能性都市とされて いる実態や、労働生産性においても東京都に著しく劣ります。これらのデータは、主観や思い込みでは なく、数値的根拠として地域分析システムから抽出したデータです。私たちが、地方創生を果たし、「明 るい豊かな社会の実現」を目指していくには、地域の政治的課題に取り組んでいく必要があります。そ のためには、地域の政治課題を、数値的根拠となるエビデンスをもとに把握し、産官学の連携体制を構 築するとともに、地域が一体となってリテラシー力をもち取り組み、全てに調和した「和」の精神と重 なり合わせる事で愛と希望溢れる千葉の創造に繋がると確信します。

「希望に満ちたJAYCEEの確立」

青年会議所とは「明るい豊かな社会の実現」に向けて日本青年会議所は国家青年会議所といわれるよう に国家発展のため、ブロック協議会では千葉県発展のため、各地青年会議所は存する地域の発展のため に、様々なイノベーションをもたらすことを目的として存在します。ひと昔前の先輩諸兄には勇気と情 熱をもつイノベーターが多く存在しました。人は人でしか磨かれないといわれるように志同じくする同 士と議論を重ね、さらに多くの他業種のメンバーとの交流からうまれる「人と人の繋がり」から沸き起 こる力により、青年会議所とは「個」の力では決して生まれない自己成長を得られる学び舎なのです。 先ずは、私たちが地域の様々な課題解決をおこなうために、能動的に活動できる機会を提供することで、地域の意識変革を成し得るイノベーターを生みだします。そして、広い視野をもち地域に意識変革をお こなうために、青年会議所が掲げるビジョンやミッションを兼ね備えたJAYCEEの育成と、政策立 案実行団体として青年会議所の運動により起こり得る様々な効果を学び、組織の運営に長けた人財を育 成することで、様々な地域で政動社変を巻き起こしていきます。また、私たちの目指す「明るい豊かな 社会の実現」は、地域に理解され、地域と調和しなければ叶うものではありません。私たち青年会議所 が誠実に地域と向き合い、地域発展のための運動を行うことで市民から共感を生み青年会議所の価値を 高めていく必要があります。先ずは、地域の特性を理解し、各地区の地域背景に副った有効的な拡大ツ ールを駆使し、また、同世代のJAYCEEが起こしているイノベーションの成功例などを伝えていき、 垣根を越えた共に行う拡大により多くの奇跡を起こす人財を求めます。そして、垣根を越えた積極的な 交流により「人と人の繋がり」から沸き起こる力から、さらにイノベーターたる多くの人材を迎えるた めの良循環を創り出します。

「地方創生に向けたイノベーションの推進」

各地青年会議所では、多岐に亘り地域課題の改善に向けて運動を展開していく必要があります。その 運動を展開するなかで重要なことは、地域の社会背景や政治課題を思い込みによらず、地域分析シス テムなどのビックデータなどの活用おこない、根拠に基づき取り組んでいくことです。各地青年会議 所が地域課題の改善の糸口を見出していけるように、日本青年会議所が立案する様々な分野の「政 策」を各地の地域背景に合わせ推進することで、連絡調整機関としてブロック協議会の存在価値を高 めつつ、その役割を十分に発揮していきます。また、千葉県は生産者の高い技術力と意欲に支えられ 全国屈指の農林水産県として位置づけられており、さらには多くの観光資源を有します。先ずは、経 済再生を果たすために、それぞれの産品や観光資源のブランド化を高める運動を推進し、その価値を 国際空港有する特権を活用し千葉県から国内外に発信していきます。そして、地方創生に向けて、全 国に存在する有能な人財と地域を結びつける人財マッチングや、各地域に対する企業の支援や伝統あ る老舗企業再生支援など企業の雇用維持や創出のための運動を展開します。さらに、企業の活性化に つながる、政府の主要政策などの有益な情報を中小企業に対して発信していきます。また、地域間連 携により国土強靭化のためのインフラ整備などの課題に対しても積極的に取り組むことで経済再生の ための「政策」を積極的に推進していきます。そして、政治を身近に感じられるように各地域で開催 される選挙ではネット討論会を推進します。さらに、本年は国際会議であるASPACが鹿児島の地 で開催されることもあり、国際の機会と触れる連携も積極的に行いそれぞれの政策を推進し地方創生 に向けた運動を展開していきます。

「リテラシー力を兼ね備えた主権者意識の醸成」

国家百年の計は教育にありとされているように、国家の重要な要です。また、長期的な視点で人を育 てることが重要となり、一朝一夕で叶えられるものではありません。昨今おこなわれた、文部科学省 による公立小中学校における学習指導要領が改定された背景として、世界における我が国の子供たち の学力の低下や、倫理的、社会的能力、知識、経験を含めた汎用的能力が学べる環境が少ないため、 積極性や主体性に欠ける子どもたちが多く存在することが挙げられます。また、全国的にも課題とな っている教員の年齢層の高さや労働時間が長く大変な労働条件になっている実態がありますが、一方 で新しいものを取り入れることに対して消極的な現状に対し、千葉県の教育再生に向けて、各地青年会議所とともに、各地域の教育委員会や学校との連携をおこない「産官学」の連携体制の構築をおこ ないます。そして、小中高校生に対し、法と証拠に基づく歴史教育や祖先や親を敬い愛情溢れる 「家」的道徳教育、また、選挙のルールや投票の仕方などだけではなく、地方政治への興味が広が り、政治参画への意識が高まる政治参画教育を通じ、仲間たちと意見を重ね、様々な意見と自らの考 えを照らし合わせ、決断することが出来るよう、リテラシー力を兼ね備えられる主権者教育を実施し ていきます。そうした主権者教育を私たち自らが実施し、また各地域に対して浸透させることでアク ティブラーニングの実質化を図り、多くの子供たちや若者に国を支える主権者意識を醸成していきま す。

「千葉の魅力発信」

私たちが地域に向けて運動を行うのは、地域の意識を変革するためではないでしょうか。現代におけ る情報発信は世界に対しても容易に行える様々なツールがあり、地域住民はもとより、広い地域に情 報発信することが出来ます。私たちの運動を適宜発信していくことは、必然的に必要なことであり、 各地青年会議所のブランディングにも繋がります。先ずは、組織の存在価値を高めるために、対象と する目的設定を行い地域に対して有効的な手段により広報活動を行います。そして、千葉県の魅力を 高めるために観光資源やその他の魅力を全国に発信します。また、国際空港を有する千葉県の魅力を 世界各国に対して情報発信を行い、各地域の魅力や潜在的価値を協議会として発信します。さらに、 対象とする目的に受信されているかの検証を繰り返し、効果的に千葉の魅力を発信致します。

「和の精神の糾合」

私たちが活動する千葉県は三方を海に囲まれ、自然や観光資源に恵まれた魅力的価値が多く潜在され ています。その魅力をブランド化していくことは一朝一夕で叶うものではありません。私たち青年会 議所が率先して、各地域の魅力をブランド化するためのプラットフォームとして、地域との架け橋に なり千葉の魅力のブランド化を実現していく必要があります。和の精神が糾合する千葉ブロック大会 を有効活用し、各地域に潜在する魅力を各地から集め、イノベーターである私たちJAYCEEが地 域ブランドの価値化を果たすためのイノベーションをおこします。そして、市民からの共感を得るこ とで、JAYCEEとは世の中に貢献できる人財であることを周知させていき、主管される青年会議 所に対して有益をもたらしていきます。さらに、地域益を生み出すために、主管青年会議所と綿密な 連携をおこなうとともに、徹底した調査研究をおこない、地域の魅力が広がる良循環を創り上げま す。また、地方創生に向けて各地域に「政策」を推進してきた全ての運動の集大成としての成果を発 信することで「和」の精神が導く愛と希望溢れる千葉ブロック大会になることを確信しています。

「組織強化」

強い組織とは、一人ひとりの高い志、積極果敢に向き合う意識、また人と人が強固な絆で結ばれてい ることです。そのためには、万全な会議運営はもちろんのこと、各地青年会議所との連携や交流を強 化する必要があります。また、信頼を得ることこそ強固な絆へ繋がっていくもの考えます。先ずは、 各地青年会議所がおこなう運動を対内に発信することで、それぞれの運動に対する意識に調和が生ま れ、垣根を越えた交流から青年会議所で行う運動に対しての視野を広げます。そして、ブロック協議会としての価値を高めるために、研修などを取り入れていき、魅力ある組織を創ります。また、協議 会にご出向するメンバーに対して、青年会議所の意義や価値観を能動的に理解できる環境をつくり、 信頼関係と絆が結ばれた、普遍的な「和」の精神溢れる組織を構築します。

結びに

これまでに多くの経験をさせていただくなかで、持てる全ての力を出したとき、自分の力が如何に小 さなものか知りました。これまで自分自身の体験で学んだ「人と人の繋がり」から織りなされる魅力 から自己成長に繋がったと気づいたとき、青年会議所とは「未知の可能性」を切り拓ける団体である ことを知ることが出来、それと同時にもっと早くJAYCEEとして真剣に打ち込んでいればと悔や みつつも、その瞬間から私の人生が変わっていったのです。私はそこで、未来への投資を行うことこ そ将来の「希望」に繋がっていくと確信しました。何のために青年会議所という学び舎で活動してい るのか、その意義を思い返していただきたい。地域の課題に対して一つの仮説をたてて、目的をも ち、地域にとって最大限の効果を生み出すことを繰り返し検証しながら、地域の発展と市民の「意識 変革」を行っていくのです。地域の市民の意識の変革を行っていくのであれば、青年会議所は政治を も動かし得る団体であることを自覚し、地域課題の改善に向け真剣向き合っていくその覚悟を決め自 らの意識を変えていこう。出来ない理由を探す前に、JC宣言文に記された混沌という未知の可能性 を切り拓き、個人の自立性と社会の公共性が生き生きと協和する確かな時代を築くために率先して行 動しよう。私はその先頭に立ち、誰よりも率先して行動する事を宣言し、自覚と覚悟をもち愛と希望 溢れる千葉を創造致します。

PAGETOP