人財育成と地域創生による持続発展する栃木の実現

会長所信

  • HOME »
  • 会長所信

公 益 社 団 法 人 宇 都 宮 青 年 会 議 所 金 克 彦

「人財育成と地方創生による持続発展する栃木の実現」

【 は じ め に 】
全 国 各 地 で 人 口 減 少 と 少 子 高 齢 化 の 波 が 押 し 寄 せ て い ま す 。 栃 木 県 の 発
表 し た 資 料 に よ る と 、 2 0 6 0 年 に 県 の 人 口 は 1 2 0 万 人 を 下 回 り 、 高 齢
化 率 は 4 3 % を 超 え る と 予 測 さ れ て お り ま す 。 我 々 は 未 だ か つ て 経 験 し た
こ と の な い こ の 危 機 に 対 し 、 何 を す べ き な の で し ょ う か 。
青 年 会 議 所 の 使 命 は 、 愛 す る ま ち を 明 る く 豊 か に す る た め に 、 率 先 し て
行 動 す る こ と で す 。 社 会 構 造 の 変 化 が 進 む 今 だ か ら こ そ 、 そ の 使 命 を 強 く
認 識 し な け れ ば な り ま せ ん 。 我 々 が 地 域 の 先 頭 に 立 ち 、 目 指 す べ き 姿 と 道
筋 を 示 し 、 市 民 と 協 働 で 課 題 解 決 に 取 り 組 む こ と で 、 未 来 に 対 す る 閉 塞 感
が 希 望 に 変 わ る の で す 。
同 じ 志 を 持 つ 仲 間 と と も に 、 1 1 L O M の 力 を 結 集 し 、 希 望 に 満 ち た 栃
木 を 創 造 し て い き ま し ょ う 。

【 ブ ロ ッ ク 協 議 会 の 存 在 意 義 】
ブ ロ ッ ク 協 議 会 の 最 大 の 強 み は L O M 間 の ネ ッ ト ワ ー ク の 構 築 と 活 用 だ
と 考 え ま す 。 L O M と い う 組 織 体 を 越 え て 、 同 じ 志 を 持 つ 仲 間 と 切 磋 琢 磨
す る こ と は 、 自 己 成 長 の 機 会 と な り ま す 。 ま た 、 各 地 の 活 動 状 況 を 共 有 す
る こ と で 、 運 動 の 質 を 高 め る こ と に 繋 が る の で す 。 ブ ロ ッ ク 協 議 会 は 、 如
何 な る 時 も 、 愛 す る ま ち の た め に 汗 を か い て い る 同 志 に と っ て 、 人 材 育 成
と 運 動 推 進 の 両 輪 を 支 援 す る 存 在 で あ り 続 け な く て は な り ま せ ん 。

【 未 来 を 担 う 人 材 の 育 成 】
県 内 各 L O M に お い て 、入 会 3 年 未 満 の メ ン バ ー 比 率 が 増 加 傾 向 に あ り 、
人 材 の 育 成 が 急 務 と な っ て い ま す 。 ま ち の 未 来 を 担 う 人 材 を 育 成 す る た め
に は 、 有 望 な 人 材 を 発 掘 す る と と も に 、 入 会 者 に 対 す る 基 礎 研 修 を 充 実 さ
せ る こ と が 必 要 だ と 考 え ま す 。 栃 木 ブ ロ ッ ク 協 議 会 は 、 そ の ネ ッ ト ワ ー ク
を 活 か し た 人 材 発 掘 と 基 礎 研 修 を 支 援 す る こ と で 、 未 来 を 担 う 人 材 を 育 成
し ま す 。

【 市 民 協 働 の ま ち づ く り 】
人 口 減 少 と 少 子 高 齢 化 に よ る 社 会 構 造 の 変 化 に 対 応 す る た め に 、 各 地 の
自 治 体 で は 「 地 方 版 総 合 戦 略 」 を 策 定 し 実 行 し て お り ま す 。 そ の 効 果 を 着
実 に 発 揮 す る た め に は 、 行 政 だ け に 対 応 を 委 ね て い て は な り ま せ ん 。 行 政
と 市 民 と 企 業 団 体 と が 公 的 領 域 を 担 い 合 い 、 一 体 と な っ て 取 り 組 む 「 市 民
協 働 型 シ ス テ ム 」が 機 能 す る こ と で 、ま ち の 未 来 が よ り 明 る く な る の で す 。
栃 木 ブ ロ ッ ク 協 議 会 は 、 行 政 や 企 業 団 体 と の 密 接 な 関 係 を 構 築 す る と と も
に 、 よ り 多 く の 市 民 を 運 動 に 巻 き こ ん で い く こ と で 、 市 民 協 働 の ま ち づ く
り を 推 進 し ま す 。

【 情 報 の 発 信 】
効 果 的 に 情 報 を 発 信 す る こ と は 、 青 年 会 議 所 の 存 在 と 運 動 を 市 民 に 伝 播
す る 上 で 重 要 な 要 素 で す 。誰 で も 簡 単 に 情 報 発 信 が で き る 時 代 と な っ た 今 、
発 信 媒 体 を 有 効 に 活 用 す る こ と で 、 情 報 は 一 気 に 拡 散 す る の で す 。 栃 木 ブ
ロ ッ ク 協 議 会 は 、 各 種 メ デ ィ ア を 有 効 に 活 用 し 、 よ り 多 く の 市 民 に 情 報 を
伝 播 す る こ と で 、 各 L O M の 運 動 推 進 を 支 援 し ま す 。

【 と ち ぎ フ ォ ー ラ ム 】
青 年 会 議 所 運 動 の 推 進 を 加 速 さ せ る た め に は 、 我 々 の 運 動 を 地 域 に 力 強
く 発 信 す る 場 が 必 要 で す 。 そ の 絶 好 の 機 会 と し て 、 2 0 1 8 年 も 「 と ち ぎ
フ ォ ー ラ ム 」 を 開 催 し ま す 。 最 大 の 関 心 事 で あ る 「 社 会 構 造 の 変 化 」 に ス
ポ ッ ト を 当 て 、 課 題 解 決 に 向 け た モ デ ル ケ ー ス を 示 し て ま い り ま す 。 多 く
の 市 民 を 巻 き 込 み 、 ま ち の 未 来 を 考 え 行 動 に 移 す 契 機 と な る 大 会 を 構 築 し
ま し ょ う 。

【 む す び に 】
「 ま ち の 未 来 を 創 る の は 人 で あ る 。 ま ち に 住 み 暮 ら す 一 人 ひ と り の 成 長
が 、 ま ち を 変 え る 原 動 力 と な る 。 そ の 中 核 を 担 う の は 、 い つ の 時 代 も 青 年
な の で あ る 。 」
青 年 会 議 所 で 起 こ る 出 会 い と 経 験 は 、全 て 自 身 の 糧 と な り ま す 。そ し て 、
我 々 の 運 動 は 必 ず や 愛 す る ま ち の 明 る い 未 来 へ と 繋 が り ま す 。 人 生 の 貴 重
な 時 間 を 費 や す の で す 。 だ か ら こ そ 目 の 前 の 機 会 を 大 切 に し て い き ま し ょ
う 。
栃 木 の 未 来 は 我 々 の 手 の 中 に あ る の で す 。

PAGETOP
Copyright © 栃木ブロック協議会 All Rights Reserved.