本気のJAYCEEが導く 愛と希望溢れるまち京都の実現

副会長方針

副会長 藤原 義久

img73観光資源や伝統文化に恵まれた風土を持つ京都は、外国人観光客の満足度の水準が日本一高く、現在訪れる観光客数も過去最多となるまちとなり、今後の経済波及効果を見込むと益々発展する可能性を秘めています。今こそ我々の世界とのネットワークをもって地域に先駆けた相互理解を育む民間外交を通じ、互いの国家や人々への関心を高め、持続性のあるつながりを活かした京都の知られざる魅力を経済発展につなげていく必要があります。まずは、地域の価値を高めるために、外国人観光客が日本に何を求めて訪れているのかを知る機会を提供し、インバウンドによる様々な効果を学ぶことで、グローバルな視野をもって地域を牽引できる人材を育成します。そして、相互理解を育むために、海外のJCIメンバーや一般の人々とともに環境の違いから生まれる価値観を知る機会を提供し、他国の文化を受け入れることで、国境を超えた持続的な友情へとつなげていきます。さらに、京都の未だ知られていない魅力を感じていただくために、地域固有の文化を肌で体験することができる機会を提供し、その質の高さへの共感を広げることで、幾度も訪れてみたい地域としての価値を高めていきます。また、アジアのJCIメンバーが一同に集まるJCI-ASPAC鹿児島大会において「和」の本質を感じていただくために、京都の魅力に触れる機会を提供し、おもてなしの心で地域の伝統文化を紹介いたします。そして、国際青年会議所の一員としての自覚を持っていただくために、JCIの活動状況を適時会員へ発信することで、国際情勢への関心を高め、世界会議への協力並びに支援をおこいます。京都ファンが多い地域が、時代の先駆けとなった我々JAYCEEの海外との架け橋となる未来を切り拓く行動となり、地域と世界の持続的な関係の構築につながり、地域でしか味わうことのできない「和」の本質を求められる愛と希望溢れるまち京都を実現します。

副会長 道下 明子

img79我々が住まう京都は、人口や経済効果が京都市に集中している傾向がありますが、それぞれの地域においても、古来より継承されてきた歴史や文化、豊かな自然など、数多くの魅力ある地域資源があります。それぞれの地域を誇りに想い、未来を切り拓く運動を展開する我々が、魅力ある地域資源と共に輝き、京都や日本に留まることなく、さらに広範囲で関心が高まった地域資源を活かす、持続可能な活力に溢れる京都にする必要があります。まずは、青年会議所の一員として自分にできることの可能性を考え、積極的に新たなことにチャレンジする機運を醸成するために、切磋琢磨する各LOMが集結するとともに、築かれてきた京都はひとつの想いと歴史を再認識し、運動への意欲を喚起させます。そして、活気ある京都を存続させるために、近い将来に見据えられた人工知能、IoT、ビッグデータなどの新しい技術が活用された超スマート社会の現状と可能性を知り、当事者意識を持つことで、新時代へ牽引する人材の意識変革を促します。さらに、京都ブロック協議会全体の意識高揚を図るために、誇りある地域資源の発信を通じて、お互いの魅力を再発見することで、人と地域を高め合う場を創出します。また、京都全域により足を運んでいただく機会の提供をするために、観光客が多数集まる京都市という地域において、それぞれの地域の魅力ある資源に実際に触れ感じることで、京都に興味を持っていただく設えをします。そして、近畿各地に住まう人々にも魅力に対する関心を高めていただくために、近畿地区協議会への協力と支援を通じて、地域の魅力を発信し、認知度を向上させます。誇りある地域をより活力溢れるまちにするべく、運動への熱意を集結させた組織として、 新たな時代に向け対応できるリーダーとなった我々が、京都の地域資源の価値が日本だけでなく世界で高まり、経済効果の底上げされた、愛と希望溢れるまち京都を実現します。

副会長 髙野 恭平

img45我々は京都の特徴を活かしたJC運動を展開し地域の発展に寄与してきましたが、現在も時代の流れや変化に伴い各地域には課題があり、今後も時代に対応したJC運動を未来に向けて推進していかなければなりません。確固たる道徳観と憲法観をもった、国の未来のあるべき姿を描きJC運動を推進していく我々が、地域の未来である子供たちや、日本の未来を考える府民とともに、誰からも愛される魅力ある京都を実現する必要があります。まずは、次代を担う子供たちの健全な成長のために、成長過程で必要となる道徳心を伝え豊かな人間性を育むとともに、礼儀作法を学んでいただく機会を提供することで、たくましい人材へと成長していただきます。そして、会員の憲法改正に対する理解を深めるために、憲法について考える機会を提供し、憲法改正の発議がされたとき日本の将来を考え行動がとれる人材となることで、憲法改正の牽引者としての意識を高めます。さらに、憲法改正議論を推進するために、憲法への理解を深める場を創出し、未来の日本のあるべき姿を考えることで、府民に対して主権者意識の醸成を図ります。また、本会からの推進事業を地域へ広げていくために、本会並びに近畿地区協議会と連携するとともに、我々が各事業の意義やJC運動の方向性をいち早く理解し、地域へと運動を積極的に推進していくことで、本会からの推進事業を伝播していきます。そして、京都ブロック協議会や各LOMのJC運動を会員に共感してもらうために、活動や運動を発信し共有するとともに、事業に込めた思いを伝えることで、我々のJC運動に対して会員の理解を促進していきます。地域のあるべき姿を考え、国の未来を描くことのできる我々が、時代に対応したJC運動を展開し続ける魅力ある組織として、日本人の心をもった次代を担う子供たちや、憲法への理解が深い当事者意識をもった府民とともに、愛と希望溢れるまち京都を実現します。

副会長 三浦 靖

img74日本人特有の精神文化、地域コミュニティ、奉仕の精神が希薄化していますが、地域に根差して活動する我々JAYCEEが本気で意識変革して自己成長するとともに仲間の輪を広げることが地域の活性化につながります。今こそ未来を切り拓く同じ志をもって活動する仲間とともに、あらゆる困難を乗り越え、意識変革する気概と覚悟をもつ我々JAYCEEが一丸となって、地域の課題を解決して発展させる京都を実現する必要があります。まずは、府民の政治への当事者意識を醸成するために、次代を担う人財が政治に関わる機会を創出し、立候補予定者の政策を知った上で政治選択する重要性を理解することで、政治に対する府民の関心を高めます。そして、府民の政策判断能力を向上させるために、マスメディアやSNSを活用し、政治選択に関わる機会を我々が提供することで、府民の当事者意識を醸成します。さらに、地域の活性化に本気で取り組み解決できる変革者を育成するために、明確な目標を掲げて困難にも積極果敢に挑戦する気概と覚悟を身に付けることで、地域に根差して活動する我々一人ひとりの行動力と精神力を高めます。また、京都ブロック全体が会員拡大に邁進する機運を高めるために、各LOMの会員拡大の進捗状況を発表して明確化し、府内12LOMが情熱と知識を結集することで、互いに切磋琢磨して会員拡大活動をすることにつなげます。そして、地域に根差して活動しているLOMの存在価値を高めるために、青年会議所組織の理念や活動内容を発信し各LOMと連携しながら会員拡大を支援することで、京都府全体で共に地域を変革する仲間の輪を広げます。未来の礎を築く同じ志をもって活動する活気に満ち溢れた仲間とともに、何事にも本気で取り組む気概と覚悟をもったJAYCEEである我々は、地域や政治に対する当事者意識を高めた府民と魅力のある地域を創造していく、愛と希望溢れるまち京都を実現します。

PAGETOP
Copyright © 京都ブロック協議会 All Rights Reserved.