本気のJAYCEEが導く 愛と希望溢れるまち京都の実現

委員長方針

総務財政委員会 委員長 岩﨑 拓也

iwasaki京都ブロック協議会は、公益法人として健全な財務運営とコンプライアンスの徹底で組織基盤が確立されており、地域に根ざす活動、運動が効果的に広まれば地域における存在価値がさらに高まる可能性をもっています。公益法人として社会的責任を自覚する我々が、内部規律と法令を遵守した運営で盤石な組織となり、地域にとって有益で影響力のある事業を多くの人に伝播できる魅力ある情報で、組織のブランド力を高める必要があります。まずは、公益法人として社会的な信頼に応えられる盤石な組織基盤を確立するために、本会が定めるマニュアルを委員会が熟知し、各委員会と密接な連携を取ることで、財務運営やコンプライアンスを周知徹底した組織に導きます。そして、法令を遵守した運営と財務管理を行うために、委員会の活動に係る会計処理と財務審査会並びにコンプライアンス審査会を開催し、適切な指導と審査を行うことで、ルールに基づいた議案作成につなげます。さらに、会員会議所会議の円滑な運営を行うために、JCプロトコルの重要性を徹底した規律ある厳格な場を創出し、交わされた議論を議事録として正確に作成することで、会議での決定事項を次世代に継承します。また、地域をさらに輝かせる魅力ある事業構築のために、褒賞授与式を開催し、事業の有益性や効果を称えることで、会員の運動に対する新たな学びや気づき及び意識高揚につなげます。そして、組織のブランディングを図るために、ホームページで我々の地域の発展を考えた活動、運動を適宜発信し、SNS等を活用することによって拡散することで、内外に共感を集め我々の存在価値が向上します。公益法人として健全な財務運営及び法令遵守による盤石な組織が構築され、共感を生む情報発信による組織のブランド力が高まった我々は社会的な自覚と責任をもった、地域社会からより一層必要とされる信頼のある団体として愛と希望溢れるまち京都を実現します。

ブロック大会運営員会 委員長 林 隆一

hayashi我々が住まう京都は、秀麗な自然景観や歴史的文化遺産、脈々と継承されてきた伝統文化、産業があり、世界を魅了する美しいまちで、府内各地に多様な魅力を有しながら、その魅力が発信しきれていないことや、若者世代の地方離れによる継承者不足問題などを抱えています。そこで京都の未来を想い、青年経済人である我々が府民や行政とともに、固定化した価値観が変革された、躍動感に溢れたまち京都へと活性化させる必要があります。まずは、京都ブロック協議会の運動が進化を続けるために、京都はひとつの想いと先輩諸兄姉が築かれた歴史と情熱を継承する式典を開催し、京都ブロック協議会の団結力と会員一人ひとりの運動意識の向上を図ります。そして、京都の経済を牽引する人材を育成するために、近い将来到来する超スマート社会のビジョンを共有し、産業、就業構造の転換を学ぶフォーラムを開催することで、経済の変革期に新たな可能性を広げ、地方創生の促進につなげます。さらに、京都ブロック協議会をより躍動させるために、京都が有する多様な魅力に共感を広げるフェスタを開催し、多角的な視点をもって魅力に触れることで知識を深め、地方創生への見識を高めます。また、地域の魅力発信や伝統技術の継承と革新を促進するために、京都が有する魅力や伝統を集め、新たな付加価値を生み出す場を創出し、様々なメディアを巻き込み発信することで、地域経済のさらなる発展、誘客の機会拡大に寄与します。そして、近畿に住まう人々の京都への関心を向上させるために、近畿地区大会への協力、支援を通じて魅力を積極的に発信し、京都の地域資源の認知を高めます。京都の未来を想い描き、継承するべく地域の発展のために、情熱をもって常に挑戦し続ける我々と、府内各地に住まう人々がともに、地域が有する革新された多様な魅力に誇りをもち、輝く京都の未来へ可能性と活力に満ちた、愛と希望溢れるまち京都を実現します。

JC運動JC推進委員会 委員長 吉田 洋平

yoshida我々は日本古来の精神性を守り続けているこの京都で、地域の未来を切り拓く運動を展開してまいりましたが、時代の変化に伴い人々の主権者意識が薄れてきており、地域の課題を自分事として考え行動する人をより多く生み出していかなければなりません。今こそ京都に対する想いをひとつに府民の意識を牽引する我々が、未来に対して責任をもてる府民とともに、道徳心を備えた次代を担う子供たちを育める地域を実現する必要があります。まずは、次代を担う健全な子供たちを育成するために、スポーツを通じて勝敗に関わらず相手を称えられる精神を伝え、人との関わりの中で他者を敬う心の成長を促すJCカップ京都予選大会を行うことで、心豊かな人間性を育みます。そして、府民の憲法改正議論を牽引するために、日本のあるべき姿や憲法について考える場を創出し、憲法の知識を深めることで、会員の憲法改正の意識を高めます。さらに、憲法を自分事として捉えられる意識の醸成を図るために、憲法草案を考える場を提供し、憲法を身近に感じていただくことで、府民に対して憲法改正議論を推進します。また、本会の事業を推進するために、本会並びに近畿地区協議会と連携し、委員会でLOMに対して情報を迅速かつ丁寧に伝え、どのような事業なのかを知っていただくことで、会員に対して事業への理解を深め、参加を促進します。そして、我々の運動に会員の共感を集めるために、京都ブロック協議会や各LOMの運動をしっていただき、どのような想いで運動を展開しているかを発信し、その想いをつなぎ合わせることで、京都全体が我々自身の地域であるという意識を高めます。地域や社会を巻き込み時代に対応した運動を推進する魅力ある組織として、地域の未来を考え率先して行動を起こすことのできる我々が、憲法に対する当事者意識をもつ府民とともに、「和」の精神性を備えた子供たちを育む、愛と希望溢れるまち京都を実現します。

本気のJAYCEE育成委員会 委員長 田中 功一

tanaka少子高齢化、人口減少、主権者意識の低下などの日本全体が抱える課題はこの京都府においても存在し、府民意識に変革をもたらし地域の未来を明るい豊かなものとする気概と覚悟と根性を兼ね備えた本気で行動するJAYCEEを生み出さなくてはなりません。今こそ、本気で先頭に立って地域を牽引せんとする高い志を有したリーダーである我々が、志を同じくする地域の仲間と共に一丸となり青年会議所活動の輪を広げる必要があります。まずは、政治に関心が薄い若者の当事者意識を促すために、未来を担う学生を対象に地域課題を抽出し解決策を選択する機会を提供することで、地域や政治に対し意識変革の向上を図ります。そして、身近に立候補予定者の政策に触れるために、法改正に基づいたネット配信による公開討論会を開催し、18歳以上の有権者に政策を判断できる情報を提供することで、政策本位による政治参画の意識向上につなげます。さらに、あきらめない心を持ち主体的に考える本気のリーダーを育成するために、課題解決に向け、明確な目標を立て、実戦で体感する事業を開催することで、最前線で周りを引っ張る行動力と最後までやり抜く強い精神力を身に付けます。また、会員拡大に対して意欲を高め奮起を促すために、JC運動推進委員会と連携を図り、各LOMの拡大目標や現状の情報共有を行うことで、数値的根拠を基に切磋琢磨する拡大支援を進めます。そして、拡大人数が結果として表れる支援をするために、LOMの拡大担当者と各々で直面する課題に向き合い各LOMの拡大活動の後方支援をすることで、ブロック全体の会員拡大に邁進する意欲を高めます。あきらめない心を持って、率先して本気で行動するJAYCEEである我々が、志を伝播し地域のオピニオンリーダーとなった仲間と当事者意識が高まった京都府民の皆様が地域のあらゆる課題解決に向けて積極的に行動した、愛と希望溢れるまち京都を実現します。

PAGETOP
Copyright © 京都ブロック協議会 All Rights Reserved.