地域の未来を牽引するリーダーとしての自覚をもった我々は、世界に誇る奈良の伝統と文化が象られる財産を地域発展の資源とした県民の皆様とともに、すべての人が満足する地域の未来創造に向けた、活気に満ちた愛と希望溢れる奈良を創造します。

次世代人財育成委員会

次世代人財育成委員会 委員長 篠田 彰輝

次世代人財育成委員会
委員長 篠田 彰輝

次世代人財育成委員会

<事業計画>

1.ブロックアカデミー事業の実施

2.日本人が誇りをもてる憲法推進事業の企画・実施

3.ブロック協議会の忘年会の実施

4.近畿地区大会葛城大会へのブース出店

5.その他ブロック協議会に関する件

 

 

事業計方針

明るい豊かな社会の実現にむけたJC運動により地域と固い信頼関係を築いてきた我々は近年、会員数の減少や在籍年数が短くなっている一方で、新たな世代が柔軟で大胆な発想力で地域を活性化していく可能性があります。地域を牽引していく我々は、県内9LOMとともに課題へ真剣に向き合い、自身の責任と役割を理解し、時代の変化に適応しながら、地域に大きなエネルギーを生み出すことのできる次世代人財の育成が必要となります。

まずは、地域を牽引するリーダーとしての自信と自覚を醸成するために、在籍期間の短い会員がJCの基本的活動と魅力を体感できる事業を行い、JAYCEEとしての責任と役割を深く理解することで、会員相互の友情と自主性を育みます。そして、自主性を高めた会員がリーダーに必要な傾聴力と発信力を培うために、体感したJCの魅力とそれぞれの目標をLOMでの活動を通して実践し続け、その経験を共有することで、リーダーとしての実行力向上につながり、地域を牽引する力を強化させます。さらに、憲法への関心を高めるために、県民に対して現行憲法が抱える諸問題についての知識を得る事業を実施することで、来るべき憲法改正の国民投票に備え、県民一人ひとりの主権者意識の向上に努めます。また、地域の魅力を感じてもらうために、近畿地区大会葛城大会にて県内9LOMの特色を活かしたブースを出店し、参加者に奈良の魅力の再発見を促します。そして、絆を深め合った会員が互いの成長を確認するために、本年度の成果を報告するブロック忘年会を開催し、一年の労をねぎらいながら、次年度への更なる飛躍の可能性を広げます。

JCの魅力を大いに語り合い自身の責任と役割を理解した地域を牽引するリーダーへと育った我々は、時代の変化に適応してJC運動がより活発になり、共鳴した地域の次世代人財とともに新たなエネルギーが生み出され、愛と希望溢れるまち 奈良を実現します。

PAGETOP
Copyright © 奈良ブロック協議会 事務局 All Rights Reserved.