宗像JCでは地域市民にこの地域を作ってきた先人の故郷への愛情、その愛情から生まれる情熱と行動力を学んでいただくことを目的として5月公開例会「出光佐三店主に学ぶ ふるさとの愛し方」を開催しました。公開例会は5月7日(月) 福岡教育大学 アカデミックホールにて執り行われ、会場は一般市民で満員となりました。

5月例会チラシ

DSCN1441 DSCN1444 DSCN1443 DSCN1447 DSCN1442

公開例会でも紹介されました絵本「出光佐三のふるさと ~ むなかたから世界へ  ~」は現在販売中でamazonよりお求めいただけます。
https://www.amazon.co.jp/dp/4991012007

 

以下宗像JCWebサイトより
————————————————————————————————————
出光佐三氏は、強い意志で数々の困難を乗り越え、その波乱の生涯は本や映画などにも取り上げられ、多くの人々に愛され、尊敬を集めています。

そして出光佐三氏は、宗像の地に生まれ、ふるさと宗像を愛し、多大な貢献をされた人でもあります。2017年に世界遺産に登録された宗像大社や沖ノ島も、出光佐三氏の貢献なくしては今の姿はありません。ところが、ご本人がそのことを口にしなかったこともあり、出光佐三氏の宗像 への貢献を知る人はあまり多くありません。

ふるさと宗像を愛した出光佐三氏の思いと功績を、少しでも多くの人に知ってもらいたい。わたしたち宗像青年会議所がこの絵本をつくったのは、その願いからでした。

宗像青年会議所も、ふるさと宗像を思う出光佐三氏の呼びかけによって生まれた団体です。そして、出光佐三氏の思いを受け継ぎ、ふるさと宗像のより良い未来のために活動しています。

この絵本が、出光佐三氏が愛したふるさと宗像についてより深く知るための手助けとなり、そして読者の皆様がそれぞれのふるさとを思い、愛する心を育むきっかけになれば幸いです。

————————————————————————————————————

DSCN1453 DSCN1454