7月14日(土)に嘉島町総合運動公園にて「第4回JCカップU-11少年少女サッカー九州大会」が開催されました。

天気に恵まれ快晴の中参加した7チームの子供たちが全員全力で総当たり戦を行いました。
その結果、熊本県代表「宇城FC」が優勝。全国大会出場のキップを手にしました。

今後は全国各地で地区予選大会が行われ、ブロック大会を勝ち上がってきた61チームが10チームまで絞られます。
9月8日(土)~9日(日)大阪府堺市のJ-green堺にて全国大会が開催されます。

■JCカップについて
「JCカップ」は、国際的に最も盛んなスポーツとされるサッカーを通じて、地域の未来を担う子供たちに、名蹴会に所属する伝説のプレーヤーから、「グッドルーザーの精神」(=たとえ勝負に負けたとしても相手を称えられる強く前向きな心)を伝え、道徳心を持った自立した人財を育みます。
そして、大会を通じて地域間の交流人口を増加促進させることで、コミュニティが活性化し、魅力ある地域の発展を目指します。

https://jc-cup.jp/

JCカップ_180716_0007 JCカップ_180716_0004 JCカップ_180716_0006 JCカップ_180716_0018 JCカップ_180716_0038 JCカップ_180716_0104 JCカップ_180716_0096 JCカップ_180716_0095 JCカップ_180716_0093 JCカップ_180716_0067 JCカップ_180716_0049 37050623_1057305681112947_1560081904596680704_n