旧年中も大変お世話になり心から感謝申し上げます。 皆様におかれましてはつつがなく新しい年をお迎えのこととお慶び申し上げます。

昨年は四国新幹線の署名運動やお遍路の3ヶ年アクションプラン等の運動をとおして、四県が一丸となりつつある四国は、少子高齢化の先進課題地域でありますが、地域には世界に誇る地域企業や、お遍路文化、豊富な自然と資源にあふれている地域でもあります。2018年度は本年度まで諸先輩方が築き上げてこられたこの四国地区協議会の功績を引継ぎ、つながりをより強固なものとし、私達が当事者意識をもって四国の経済、文化、防災インフラと多岐にわたる各分野から四国が共通してもつ課題を強みにかえ、まちを、人を活性化をさせるべく運動に邁進してまいります。

私はこれまで青年会議所で活動、運動をさせていただいた中で重要なものの一つに「つながり」であると考えています。つながりとは私達四国のつながりというのと、この単年度制組織をよりよくつなぐという二つの意味があります。

2018年度は『「和」の精神と「個」のつながりが未来を切り開く四国の創生』を基本理念として掲げさせていただきます。「個」のつながり、つまり四国に住み暮らす私達一人ひとりのつながりと、それぞれが力を発揮し、調和を図ろうとする心「和」の精神をもって運動を発信することが四国の創生を切り開く力となると信じております。

何卒、四国地区各地会員会議所の皆様のご理解、ご協力をお願い致しまして2018年度会長の挨拶とさせていただきます。

公益社団法人日本青年会議所 四国地区協議会
2018年度会長 北島 誠祐