協働と挑戦が導く 魅力と活気に満ちた愛媛の創生

総務開発委員会

総務開発委員会 事業計画

担当副会長 船田 一郎

委員長 黒川 泰伸

多くのLOMは、人口減少社会を背景とした会員減少や在籍年数の短期化という課題を抱える一方で、その運動の存在価値を高め、市民のJC運動に対する共感と信頼を得ることができれば、自ずとその運動の環は広がり、愛媛の未来を切り開く力強い運動を展開することができます。公に誠を尽くすJAYCEEが積極果敢に挑戦し、地域の未来に対する当事者意識をもった市民と協働で、魅力と活気に満ちた愛媛を創造する必要があります。

まずは、JCが、真に地域の発展に寄与する人財を育てる学び舎であると広く市民に周知され、地域から必要とされる団体であり続けるために、組織のブランディングを高める効率的な情報発信を行い、地域とJCの信頼関係を強化するとともに、市民のJC運動への共感を誘います。そして、LOMが個々に行う会員拡大運動をつなぎ合わせ、その目標達成に向けた支援をするために、LOMの拡大方針や進捗状況についての情報を集約し共有する場を設けるとともに、本会がもつ効果的な拡大戦略やツールに関する情報提供を行います。さらに、JAYCEE一人ひとりがそれぞれの地域や組織を活性化させるだけでなく、市民から憧れられるリーダーとなるために、自己成長とJC運動への積極的な参加を促す機会を創出し、高い志と覚悟をもった人財を育成する事業を実施します。また、憲法改正について、市民の当事者意識を基盤とした改正輿論を喚起するために、施行から71年目を迎える現行憲法についての理解を深め、問題点の整理を行なうとともに、国民投票法に基づく模擬国民投票の実施を始めとする、憲法改正に向けた教育事業を開催します。

ブランディングで価値を高めたJCが、地域で広く認知され、一人でも多くの同志が学び舎に集い、「和」の精神性をもった人財へと成長を遂げたのち、何事にも挑戦するJAYCEEと、主権者教育が根付いた市民が協働し、魅力と活気に満ちた愛媛を創生します。

<事業計画>

1.組織のブランディングを高める情報発信

2.会員拡大の支援と会員資質の向上

3.改憲を推進する教育事業の実施【ブロ連】

PAGETOP