山形ブロック協議会2018年度公式ホームページ

アカデミー委員会

  • HOME »
  • アカデミー委員会

事業計画

アカデミー委員会 委員長 大友 太朗

 

我々は常に、地域社会の課題や問題と向き合いながら運動を展開していますが、近年の会員拡大の成果により新入会員が増加する中、これからのLOMを牽引する人財の育成と成長に期待が寄せられています。入会1~3年目の出向者が未来を語る青年の学舎であるアカデミー委員会で、自分自身の成長を求めながら広い視野で想像力を鍛え、共に目指すべき未来へ向かって、JCの本質を学び社会に寄与できる人財を育成する必要があります。

まずは、アカデミー生に一年間を通して積極的に参加する意志と自らを高める気概を生み出すために、JCの魅力や人とのつながりの大切さを学ぶ機会を提供することで、JC運動に対する意識向上を図ります。そして、アカデミー生が周囲を巻き込み行動を起こせる人財となるために、JAYCEEとしての知識を学ぶことで、仲間とともに牽引できる人財へ成長させます。さらに、アカデミー生が知識と見識を広げるために、地域の現状と対策を学び、様々な課題に率先して取り組むことで、物事に対する柔軟性と鋭い判断力を備え、JAYCEEとしての当事者意識を醸成します。また、アカデミー生が委員会の一員としての誇りと自覚を養うために、一体感をテーマにした事業を展開し、アカデミー生同士での友情を育みます。そして、一年間培った成果を成長へとつなげるために、未来を見据えた目標を立て、覚悟をもって行動する人財へ成長させます。さらに、我々の運動がより活発に発展していくために、日本JC本会のプログラムを提供し、各LOMに対しての支援をすることで、次世代を担うリーダーの成長と継続的な組織力の向上を実現します。

アカデミーという未来を語る青年の学舎で共に自分自身を磨き続け「恩」のやりとりから生まれた絆が地域の発展の原動力となり、知識と見識と胆識を兼ね備えた多種多様な能力を発揮できるリーダーが地域のたからとして夢と笑顔溢れる「やまがた」を実現します。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP