魅力と夢に満ちあふれ、誰もが豊かに暮らしていける幸せな信州の実現

会長所信

  • HOME »
  • 会長所信

魅力と夢に満ちあふれ、誰もが豊かに暮らしていける幸せな信州の実現

長野ブロック協議会
2019年度 会長  野村和正

雄大な山々に囲まれ、豊かな自然を有する信州は、日本国内4位という広大な面積を有し、各地域において独自の文化と生活スタイルを形成してきました。観光、工業、農業と各地域に合わせた経済活動が行われ、信州の発展の礎となりました。地域の将来を担い、次世代につないでいくためにも、我々青年は、地域の文化や価値を高め、課題の解決にむけた持続的な活動を展開していかなくてはなりません。
地域が持続していける開発を行っていくためには、その地域の人々、企業、行政そしてJCが一体となって推進していくことが重要であり、この連携が向かうべき方向性となります。そこで地域を巻き込んだ持続可能なまちの創造にむけた意識を高め、取り組みを行います。また、信州では過去に地震、噴火、水害と多くの災害を経験してきました。地域の人々が安全にそして確実に暮らしていけるための社会保障が求められ、他方、人口減少が進む昨今、この問題は信州のみならず大きな課題となっています。本年は参議院選挙が控えており、政治に対する意識を持つことができる年であり、この機会に国政のみならず地域の政策に関心を持ち、政策本位で政治に参画できる機会を創ります。また地域の魅力を広く発信し、地域の課題解決と持続していける開発にむけた取り組みを学ぶブロック大会を開催し、今後の地域を発展させていく人材を多く育成します。そしてこれらの活動を地域や人々とつなげていくにはJCの運動が欠かせないものであり、そのためにも多くの仲間が必要です。JCの運動や存在意義を学び有意義な活動を行うために会員向けのアカデミーを開催し、メンバーのJCへの意識を高め、会員増加にむけた取り組みを行います。
持続可能なまちづくり、そして充実した社会保障を通じ、信州に住まう一人ひとりが豊かで確実な生活を送ることができ、将来への夢を描きくことのできる、誰もが挑戦できる幸せな国 日本の創造の実現をします。

<事業計画>
1.地域社会でSDGsを達成していくための事業の企画・実施
2.地域に即した社会保障制度と地域のあり方を考える事業の実施
3.多子社会を実現する議論の推進
4.ブロックと連携した会員拡大支援の実施
5.ブロックアカデミー事業と連携したカリキュラムの実施
6.ブロック大会の開催
7.全国大会富山大会への支援

PAGETOP
Copyright © 北陸信越地区 長野ブロック協議会 All Rights Reserved.