誰もが挑戦できる幸せな兵庫の創造

JC運動発信委員会

  • HOME »
  • JC運動発信委員会

委員長 秋本 剛宏

 近年は情報発信ツールの多様化により、情報の受け手が欲しい情報を得ることが容易な時代へと変化し、対象者にとって興味がない情報は多くの情報に埋もれ伝えたいことが届きにくい現状があります。これからも兵庫ブロック協議会と25LOMが更に活性化し、より大きな運動を展開していくには、県民が目にする多くの情報の中から、我々の運動に興味関心をもっていただきJC運動への参加参画意識の向上へとつなげる必要があります。
まずは、25LOMの存在価値を高めるために、当委員会が25LOMの運動に理解を深め、対象者にあった情報発信ツールで目にする人の興味が湧く動画や記事を発信することで、県民の運動に対しての認知へとつながります。そして、県民から信頼される組織であり続けるために、ホームページ内に活気溢れる運動を掲載し、我々の多くの運動を知っていただくことで、理解者が増えていきます。さらに、情報発信力の強化を図るために、マスメディアと連携し、JC運動を発信することで、社会的な信頼性が高まります。また、LOM間の交流を活性化させるために、会員同士の絆が深まるブロックナイトを設営することで、結束力がより強固となります。そして、兵庫の地域資源に興味をもっていただくために、兵庫の特色を活かしたブースを各種大会で出展し、兵庫の魅力を発信することで、メンバーの郷土愛を育むとともに参加者に広く周知されていきます。さらに、まちづくりに対する県民の当事者意識の向上を図るために、各種討論会を支援し、自らの意思で積極的な政治選択を行う有権者の意識を醸成することで、より豊かな兵庫が創造されます。
兵庫ブロック協議会メンバーの情熱的に展開する運動への想いが、地域に住まう人々に伝播し、まちの発展を想う気持ちが醸成され、25LOMが地域の人々とより強い連携を結びながら地域の課題解決をともに取り組む、誰もが挑戦できる幸せな兵庫を創造します。
 

事業計画

1.兵庫ブロック内各地会員会議所各種情報の効果的手法の研究と迅速な発信  
2.ブロックホームページの管理・運営
3.マスメディアとの連携に関する業務
4.JC運動の県民に対する周知に関する業務
5.各種会議・大会におけるナイト・ブース設営検討・運営に関する業務
6.選挙における各種討論会の実施・支援
7.各会議・委員会との連携
8.会長諮問に対する答申業務

PAGETOP