山形ブロック協議会2019年度公式ホームページ

アカデミー委員会

事業計画

山形ブロック協議会  委員長 須賀川 浩和

長きにわたり地域発展の原動力となり運動を展開している我々は、昨今、新入会員の高年齢化にともなう在籍年数の短さが課題となり、LOM運営を円滑に進めるという部分において、即戦力となる人材の成長が重要になっております。これからも地域の課題と向き合い、人々の心を動かし周囲を巻き込む運動の展開を進める我々は、積極的に活動を進めることができる人材と当事者意識を持ち挑戦をし続ける先導者を育成する必要があります。
まずは、アカデミー委員が一年間の活動をやり遂げる責任感を培うために、想いの伝わる厳格な開講式を開催し、LOMの期待を背負っているという立場の意識を深めてもらいます。そして、アカデミー生が地域に奉仕する心を兼ね備えるために、JC運動の意義や人と人の関わりから生まれた友情の尊さを学ぶことにより、JC運動の本質を理解し仲間と切磋琢磨する楽しさを実感してもらいます。さらに、LOMの未来を担うJAYCEEとなるために、日本JC公認プログラムと各LOMの運動や目的について学ぶプログラムを合わせて開催し、広い視野を持ち地域の未来を考えて能動的に運動する力を醸成します。また、我々の運動が地域を動かす力があることを実感するために、プログラムや委員会を通して得た学びから地域の明るい未来を考え想いを発信する事業を実施し、地域に影響を与えることができる実行力を向上させます。そして、一年間ともに学ぶ事により育んだ友情をこれからの運動の糧とするために、夢と目標を紡いでいけるプログラムと連結した閉講式を開催し、JCの意義と本質を会得したLOMを牽引できる人材へと成長させます。
JC活動の意義を学び新たな視点と多くのつながりを得ることにより成長した人材が、強い情熱を持ち切磋琢磨する仲間とともに、地域や県の未来を牽引できるリーダーとして周囲を巻き込み運動を展開し、次世代につなぐ夢と笑顔溢れる「やまがた」を実現します。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © 山形ブロック協議会 All Rights Reserved.