2020年度 東京ブロック協議会 公式ホームページ

JCブランド確立推進委員会

多色なメンバーで東京ブロックを発信し、人が自然と集まる組織へ

青年会議所の会員数が減少傾向にあることは、高齢化社会や国内の人口減少なども原因の一端ではありますが、JCの存在や活動内容が現代を生きる若者へ知れ渡っていないことが要因のひとつです。
JCは20歳~40歳までの品格ある青年が社会貢献することを目的として集まる団体であり、様々な役職を1年毎に担う単年度制という組織には自己成長の機会が多く存在しています。
情報が溢れている現代の20代に知ってもらうためには、表面だけで感情の見えない公式発信では興味を引けません。可能性を秘めた20代は日本に約1200万人います。地元の名士やリーダーを目指す人、社会貢献意欲の高い人以外にも、JCを知ってもらう機会を平等に作ることは、私達の使命でもあります。
当委員会ではSNSを活用して広く発信してまいります。東京ブロック協議会内に所属する多色なメンバー個人に、それぞれに合ったプラットフォームで、JC活動はもちろん、地域の魅力や個性を発信してもらい、個人の発信力、自己プロモーション力を強化してまいります。情報が溢れかえる現代において、個人の発信力を強化することに意味があり、各LOMの公式発信ではできない「感情」を発信することが人々の心に触れ、その積み重ねが興味へ変わり、ひいては「JCブランド」を構築していくのです。
広報は、受け手に届いてはじめて始まります。その必要性と時代に沿った手法を24LOMのメンバー個人が自覚し、個々の発信を続けることが「JCブランド確立」の一角となります。人が自然と集まる組織を目指し、知るから興味へ、興味から行動へ、自発的な問い合わせ数を向上させることで「拡大支援」に繋げてまいります。

委員長 鈴木まゆ(東京JC)
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © 関東地区 東京ブロック協議会 All Rights Reserved.