新型コロナウイルス感染症の世界的蔓延により、輸血に必要な血液が不足している事態が生じております。令和2年4月5日時点ですでに、1,500人分の血液が不足しており、この状況が続くと、医療機関への安定的な輸血用血液の供給に支障を来す恐れがあるとされています。近畿地区協議会として命を繋ぐ献血推進事業とし、各地献血ルームによる献血を呼びかけをSNS等にて発信をして参ります。

つきましては、本事業を推進していくためにも、FacebookなどのSNSに使えるフレームをデザイン致しました。

本事業に参画、賛同いただけます方はご⾃⾝SNSのアイコンに下記フォトフレームページから使⽤していただけると幸いです。