山形ブロック協議会2020年度公式ホームページ

ブロック大会運営委員会

山形ブロック協議会  委員長 赤塚 弘行

 「やまがた」は、昨今の人口減少や地域産業の衰退など持続的発展に課題を抱えている現状がある中、美しい自然が広がり、歴史や伝統文化、多くの人々を魅了する豊富な地域資源が存在します。県民の意識変革に向けて運動を展開してきた私たちが、青年らしい発想力で、夢と笑顔溢れる「やまがた」に向けて、地域の魅力を活かした持続可能なまちづくりを目指し、地域の課題解決に対する積極的な行動力を育む機会を作る必要があります。

まずは、「やまがた」の持続的発展に向けた運動を展開するために、山形ブロック大会高畠大会を開催し、地域社会の課題や未来像を考察することで、県民や私たちの地域発展の担い手としての当事者意識を促進します。そして、メンバーのJC運動に対する意識共有を図るために、主管LOMとの連携体制を強化し、多くのメンバーが大会に参加することで、相互理解を深めJC運動に対する意識高揚を促します。さらに、私たちが行うJC運動への理解を深めるために、行政や地域で活動する団体と連携し、多くの県民を巻き込み大会を構築することで、県民のまちづくりに対する参画意識を醸成します。また、開催地である高畠により多くの主管益の機会を作るために、メンバーが主管地域に根差した歴史や文化を学び、地域の魅力を一堂に集約し高畠大会から県内各地に広く発信することで、参加者が地域のたからに誇りをもち愛着心の向上を図ります。そして、JC運動と山形ブロック大会をより一層継続的に発展させていくために、これまでの手法や運営方法の検証を重ね、開催予定地の調査をすることで、山形ブロック大会の更なる進化に寄与します。

大会を通して、地域のたからとより良い未来に向けての課題や可能性が県内に幅広く伝播され、当事者意識と地域愛が向上した県民と私たちが、意識変革を遂げ持続的な地域発展の原動力としてまちづくりの担い手となり、夢と笑顔溢れる「やまがた」を実現します。

PAGETOP
Copyright © 山形ブロック協議会 All Rights Reserved.