【LOM紹介】
我々、公益社団法人松阪青年会議所は三重県で桑名・津に続いて県内3番目、日本JC認定番号58番目の青年会議所として1954年に設立され、66年間青年会議所運動に邁進して参りました。
本年度は、1月、2月は例年と変わらず例会を開催できましたが、3月から新型コロナウイルス感染症拡大防止の為、事業を中止させていただきました。しかしながら、緊急事態宣言の解除等でWEBを用いた理事会や委員会を5月より行い、来る8月からは初の試みとなる8月100%WEB例会を開催する予定でございます。
そして、新型コロナウイルス感染症拡大防止として、会員の皆様に寄付金を募り松阪市教育委員会様を通じ松阪市の小中学校(公・私含む)に12,000枚のニトリルゴム手袋を寄贈させていただきました。その際、JCI半田様が作成していただきました「COVID-19このまちの為にを」を一緒に手渡したところ、「非常に分かりやすく学習材料としても利用したい。ぜひとも各学校、各クラスに配りたい」という感銘ともとれるお話をいただきましたので、そちらもお届けさせていただきました。
松阪JC2

【活動地域の魅力】
我々の活動する松阪市は、三重県中部に位置し、伊勢湾に面する市であり、松阪牛の生産で知られております。気候は比較的温暖であり、江戸時代は伊勢商人を輩出した商業町であり、現在も紀勢本線や近鉄大阪線・山田線沿線を後背地に持つ三重県の経済拠点の1つであります。そんな松阪市の中で我々松阪青年会議所として、このまちの活性化や文化継承活動として7月には松阪祇園まつり三社みこし世話人会事務局の運営や11月の氏郷まつりお祭り広場運営協議会事務局を運営して参りました。また、松阪といえば何より松阪牛が有名ですが、近年では松阪とり焼肉がB級グルメとして全国的にも認知されております。

【今後の案内】
三重県内の新規感染者ゼロが続き、日常を取り戻したかのように感じるところもある反面、第二波の感染拡大にも備えなければならず、本年度はWEBを用いた事業を続けて参ります。

松阪JC1

公益社団法人松阪青年会議所ホームページ http://matsusaka-jc.jp/