「都道府県魅力度ランキング2020」

民間調査会社「ブランド総合研究所」(東京都)の調査に基づく、2020年の都道府県「魅力度ランキング」が14日に発表され、埼玉県は38位でありました。
魅力度ランキングは、2009年から始まったランキングであり、今年で15回目となります。回答同社が6~7月にインターネットで実施した「地域ブランド調査」の一環で、都道府県に「どの程度魅力を感じるか」という設問に、「とても魅力的」「やや魅力的」と答えた割合を基に「魅力度」を算出されているとのことです。(有効回答 全国の3万1734人)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「都道府県SDGs調査2020 SDGs評価指数・都道府県ランキング」
「都道府県SDGs調査2020 持続度ランキング」

また、同社では「都道府県SDGs調査2020 SDGs評価指数・都道府県ランキング」・「第2回都道府県SDGs調査2020 持続度ランキング」も行っており、7月29日に発表された結果では埼玉県はともに43位でありました。(有効回答 全国各県350人、のべ1万5991人)

[ブランド総合研究所HP]http://tiiki.jp/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

世界のSDGs達成度ランキング2020

持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)は、SDGsの達成度を調査したレポート「持続可能な開発報告書2020(Sustainable Development Report)」を2020年6月に公表しました。166カ国中1―5位を占めたのはスウェーデン、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツであり、日本は17位でした。昨年は15位であり、2017年の11位から下降傾向にあります。
報告書では、新型コロナ感染病の世界的拡大の影響により、ほぼ全ての目標に悪影響を与えると指摘されています。特に貧困国では目標達成が困難になり、多くの国で経済活動が停滞して失業率が増え、貧困につながるとみられています。
世界人口の3分の2を占めるG20諸国のパフォーマンス・ギャップ(目標と現状の取り組みの格差)は深刻で、G20諸国の行動とコミットメントがSDGsの達成には不可欠であり、日本では政策面での一層の努力が求められています。
[外務省SDGs]https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/index.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【SDGs(持続可能な開発目標)」とは 】
2016年から2030年の15年間、国際社会が協力して目指すべき達成目標 で、2015年9月、国連本部のサミットで、193の国連加盟国の全会一致で 採択されました。SDGsは、先進国・途上国双方の人々のニーズに取り組み、誰 も置き去りにしないことを強調しています。社会、経済、環境という持続可能な開 発の3つの次元に加えて、平和や正義、パートナーシップなど、17の目標、1 69のターゲットから構成されています。