庄原青年会議所:八野祐次:副会長

広島ブロック協議会 副会長 八野 祐次

JCは、明るい豊かな社会の実現のため、志を同じうする青年が集う団体です。同じ志をもった青年たちが集うことによって、これまで世界中で様々な行動を起こし、世界を動かしてきました。広島ブロック協議会も昨年、発足して50年を迎え、先輩諸氏のたゆまぬ努力により地域貢献活動を継続してきました。しかしながら、地域に根差し、地域で活動する我々広島県内の各LOMメンバーは、2016年の627名から、2021年のスタート時は565名となり、減少の一途をたどっています。このまま会員の減少が進めば、我々の活動・運動をこれからも継続して行っていけるか懸念されます。

今まさに、JCがそれぞれの地域社会で更なる存在価値を獲得し、JAYCEEがもっと輝くことができるよう、各LOMの垣根を超えた拡大活動と会員個々の資質向上が求められていると考えます。

まず会員拡大について、特に取り組んでいくべきは、36歳以上の会員が約40%を占め、女性会員が約5%に過ぎないという現在の会員比率から鑑み、会員比率の少ない20代や女性など候補者の特性による広島県内の現状に合致した拡大手法の考案と実施に取り組んでまいります。また、会員拡大は急務とはいえ、日本全体で人口自体が減少している現在の人口減少社会においては、JCの会員が減少するのはいわば必然の時代の流れだとも考えられます。しかし、JCが魅力ある組織であり続けるためには、会員が減少する中でも、その活動・運動の質を落とさずに組織の力を維持・向上していかなければなりません。そのためには会員個々の資質向上が欠かせません。会員の資質向上により、組織の魅力を更に高め、退会者の減少に繋げてまいります。
同じ目的に向かって進む人と人との繋がりは、想像以上に大きな力を生み出します。広島県内の各LOMが一つとなってJCの存在価値を向上できるよう、信念をもって取り組んでまいります。