【県内33首長訪問/清川村長訪問】

神奈川ブロック協議会(会長・坂倉賢)とJCI厚木(理事長・熊坂崇徳氏)は28日、清川村の課題や神奈川県との連携について意見交換するため、清川村の岩澤吉美村長を訪問しました。

2FC924EF-F7F6-49C2-A55D-24491DB9CEAE 90920DC0-1128-4386-8632-6C9993C488D7
県行政への要望についての意見交換では、岩澤村長は「県政要望もしているが、県の水源環境保全税を財源にした水源環境を保全するための特別対策事業の要件を下水道整備にも使用できるなど緩和していただきたい。また、工場などの誘致のために市街化調整区域での建築の制限の緩和もお願いしたい」と話されました。

地域課題についての意見交換では岩澤村長から「人口が3000人を下回り、高齢化率も37%を超えた。人口減少の対策として、村の魅力を高め、誰もが希望が持てる村にしたい。また空き家対策や自治会など地域コミュニティの維持も必要」と話されていました。

地元青年会議所と同村との連携を巡っては、熊坂理事長からは「2020年は中止だったが、今年も清川村を含めたJCI厚木活動エリアの3市町村長を迎えた例会を実施する予定なので協力をお願いしたい」と意見交換しました。

 

 

 

 

YouTubeチャンネル:https://youtube.com/user/JCKanagawaBloc
Twitter:https://twitter.com/JC_kanablo
インスタグラム:https://www.instagram.com/kanagawabloc/
Facebook:https://www.facebook.com/kanagawabloc/