今年で第50回目を迎える東京ブロック大会!9月26日(日)東京ブロック協議会主催・一般社団法人八王子青年会議所主管にて『第50回東京ブロック大会八王子大会《New Style-新しい時代の幕開け-》』を八王子の地にて開催致しました。

ブロック大会-添付画像①

東京ブロック大会とは、毎年、東京都内の24青年会議所が集まって、開催しているBIGイベントであり、本年は新型コロナウイルス感染拡大の余波により、オンライン開催とさせて頂きました。TOKYO HACHIOUJI FESTAとして、二次元仮想空間「oVice」を利用したオンライン空間を活用し、完全オンライン形式で開催すると共に、地域との新しい繋がりとして「西武信用金庫」「ミサワホームMJ株式会社」に本大会の協賛企業として、御参加頂きました。

式典の他、各種フォーラムとして、『ビジネス×SDGsフォーラム「SDGsは稼げる!今、ここにチャンスがある!」』と題し、今までのSDGsのゴールとビジネスの紐づけ(マッピング)に留まることなく、取り入れる・取り込むための思考を紹介しSDGsを使いこなして企業価値を向上させる行動につなげるきっかけとする為、SDGパートナーズ㈲代表取締役CEOの田瀬和夫氏を講師としてお招きし、「①SDGsの世界観(思想)」「②なぜ企業が取り組むのか(動機付け)」「③SDGsを取り入れることにより企業の持続可能な経済の発展成長になるのか」「④SDGsが経営に与えてくれる付加価値の差分とはなにか」について講演頂くと共に、パネルディスカッションを通じて中小企業の具体的に取り組みのイメージやSDGsの取り組みに向けて課題だとしている事を解決し取り入れることが出来る様、実例の企業として株式会社やましたグリーン山下氏、NPO法人フォーエバーグリーン渡邊氏と共に講師のSDGパートナー田瀬氏を交えて共有致しました。

ブロック大会-添付画像234

その他のフォーラムとして、『防災×経済再建フォーラム「緑は地球を救う~未来は今の積み重ね~」』と題し、昨今頻発する自然災害に対し、今後も災害は起こるものと捉え、住み続けられるまちづくりを行う為、グリーンインフラを実践する機会とする為に、講師として、グリーンインフラ総研代表理事 木田幸男 氏にグリーンインフラとは何か、生態系を活用した防災・減災について講演を頂くと共に、清水建設㈱グリーンインフラ推進部部長 橋本純 氏に企業の立場で行うグリーンインフラ推進について講話頂き、八王子市が現在行ってる防災・減災の取り組み、参加者が今後実践できる取り組みの具体例や一般参加者がグリーンインフラに取り組む事により八王子市がどの様に変わっていくのかについてトークセッションを行います。さらに、お笑いコンビCOWCOWによるSDGsネタ披露、グリーンインフラに関するネタ(あたり前体操の替え歌)を披露して頂く事で、防災に関心のない方にもグリーンインフラという概念を知って頂きました。

ブロック大会-添付画像567

その他、式典の他に、現在コロナ禍において経済的な損失が生まれいる飲食店を中心に八王子グルメを紹介したり、2021年5月24日放送の「教えてもらう前と後、歌うまベスト10」において、100人のものまねタレントが選ぶ「歌うものまねタレント(シンガー)」の女性の第1位に輝いた、荒牧陽子氏にステージを盛り上げて頂きました。さらには、一般社団法人八王子青年会議所-記念事業として、「伝統文化新発信フェスタ」と題し、DJ、ダンスなどの若者文化と、和太鼓、山伏、車人形などの八王子伝統文化を組み合わせ、斬新な形で、八王子の誇る伝統文化を若い世代の人にも共感が得られるように発信するコラボレーションステージや「霊気満山高尾山~人々の祈りが紡ぐからくり桑都物語~」と題し、東京都で唯一認定された八王子の日本遺産「霊気満山高尾山~人々の祈りを紡ぐ桑都物語~」のストーリーを構成する29の文化財をストーリーに沿って10個にカテゴライズし、それを八王子の10地区にそれぞれ割り振り装置を小学生に制作依頼し、作成し、10個の装置を動画で繋げ実況とともに装置を稼働させフィナーレを飾りました。

ブロック大会-添付画像⑧

ブロック大会-添付画像⑨

ブロック大会-添付画像⑩

次回、第51回東京ブロック大会の開催地は『武蔵野』です!第51回東京ブロック大会はどの様な大会になるのか、お楽しみに!!!