早いもので、2022年がスタートしてもう1か月が経ちました。オミクロン株によって、様々な部分で社会が機能不全を起こしかけていることを感じます。本当に医療従事者をはじめとするエッセンシャルワーカーの皆様には頭が下がります。自己防衛を通じて、感染抑制を引き続き心がけたいと思います。

 さて、1月を振返りますと府内各地青年会議所の新春例会が開催され、いくつかのLOMにて祝辞を述べさせていただきました。また、新型コロナ感染症対策としてオンライン開催をされているLOMもあり、録画でのご挨拶とさせていただいたLOMもございました。各理事長の想いの詰まった所信を聞かせていただき、ブロック協議会としてしっかり支援させていただくことを改めて感じた次第です。各地青年会議所の理事長をはじめとするメンバーの皆様お疲れ様でした。

 そして、3週目には角田理事長をはじめとするJCI京都の皆さんのおかげで京都会議が開催されました。私自身、京都ブロック協議会の会長として様々なファンクションに参加させていただき、今まで見ることが無かった部分を体感させていただきました。この経験をブロック協議会に出向してくれているメンバーをはじめ府内各地青年会議所のメンバーへお伝えし、次の機会へ提供していかなくてはいけないなと気を引き締めたところです。また、西脇京都府知事に会頭をはじめとする役員団の皆さんとご挨拶に伺った際にはベビーファースト運動に関する共同宣言に関して、知事に力強くパネルへメッセージを記載いただき協働していただくことを確認させていただきました。

 30日に開催された会員会議所では年間で推進する計画が承認され、各委員会が運動を展開するために動き出しました。各委員会がチャレンジするのを期待します。

 今月は全国に先駆け第71代会頭の 中島 土 君をお迎えして会頭公式訪問を開催します。そして、府内各地青年会議所を会長訪問としてお伺いする予定です。こんな社会情勢だからこそ、できることを一歩ずつ進めていきたいと思います。

 さあ、ストーリーを描こう!

2022年2月1日
京都ブロック協議会
第50代 会長 中山 良