明けましておめでとうございます。
 皆様におかれましては、健やかに新年をお迎えのことと存じます。2022年度の京都ブロック協議会の会長を務めます 中山 良 (なかやま りょう)と申します。所属は一般社団法人京丹後青年会議所です。一年間、どうぞよろしくお願いいたします。

 さて、2022年度は、「さあ、ストーリーを描こう!」と題し日頃の運動が1話1話積み重なって、一つのストーリーに仕上がっていくように運動を展開していきたいと考えています。京都ブロック協議会が発展と成長の機会を提供する機関であるならば、それぞれに何かしらのエピソードが生まれ、それがその人の物語になると考えたからです。それだけ出向者に向き合い、成長の機会となってLOMの発展を支援につながることが、このブロック協議会の意義であると考えておりますし、それぞれの地域で必要とされる青年会議所の一助になるべきであると考えています。

 社会情勢に目を向けますと、新型コロナウイルスの感染拡大が始まって二年が経過しました。皆さんもご存知の通り、社会の仕組みもそれに伴って大きく変化してきている状況にあります。我々の組織も過去のやり方だけでは通用しなくなってきている部分がありますし、新しく青年会議所の門を叩いたメンバーに対しても不変の部分と可変の部分を使い分けて接していく必要を感じています。

 この過渡期とも言える状況の中で、次世代につなぐ組織をしっかり考えながら京都ブロック協議会を盛り上げていきたいと思います。私は京都ブロック協議会においてそれぞれが1年を終えた時にノンフィクションのストーリーが描けることを期待しています。愛で繋がる誰かのために希望溢れる京都を追求してまいりますので、何卒よろしくお願いします。

 さあ、ストーリーを描こう!

2022年1月1日 中山 良

IMGP5781_2

第3回会員会議所予定者会議@サンガスタジアム by KYOCERA