私たちの諸先輩方は、JC理念の基に幅広い地域の課題解決へ果敢に挑戦してまいりました。しかし、平均在籍年数が短期化する中でJCの意義や運動を十分に説明できるメンバーが減少しており、理念への理解度が全体的に低下しています。今こそ、全てのメンバーがJC理念を共有し、行動化のための良質な情報を活用してJC運動を最大化させ、持続的に地域を牽引することができる組織体制を構築する必要があります。

まずは、組織の広報をより強化するために、公式ホームページとインスタグラムを中心としたSNSを利用し、活動の告知や報告を迅速かつ的確に行うことで、和歌山ブロック協議会のブランディング力が高められます。そして、各LOMで行動化のための良質な情報を活用した事業構築を支援するために、成功事例を情報共有できるGian Pocketの運用セミナーを開催し、定期的に各LOMと利用状況や課題点を話し合う場を設けることで、より効率的で効果的な事業を構築でき各LOMの運動が最大化されます。さらに、多くのメンバーのJC理念への共感を拡大するために、JC運動について考え理解を深めることができるJCプログラムを開催すると共に、LOMにおける開催を支援することで、JCの意義や運動を理解し行動できるメンバーが増加し、JC理念がより濃密化された組織になります。また、若者に対して社会を担う主権者である自覚を芽生えさせるために、マニュフェスト説明動画をYouTubeに掲載し、SNSを活用して啓発を行い、多くの若者に視聴してもらうことで、地域の未来を担う若者世代が選挙に興味を持つ機会へとつなげます。

地域を想う強い志を共有し互いに粒々辛苦した結果、スキルアップした活力ある組織が、社会の繁栄に向けて住民を巻き込みながら地域の課題解決に取り組むことで、地域社会に好循環をもたらす影響を与え、歴史と変革が調和した愛と希望溢れる和歌山を創造します。

 事業計画

  1. HPの運用及び全事業の広報支援
  2. Gian Pocketの活用及び利用の促進開催
  3. 理念推進者の人財育成
  4. 参議院選挙啓発推進事業

年間事業フレーム

理念展開委員会 年間事業フレーム

画像クリックで拡大