1966年(昭和41年)11月、国際青年会議所の世界大会(JCI世界会議)が日本で2番目の地として京都で開催されました。
その翌年の1967年(昭和42年)1月20日~22日、社団法人日本青年会議所通常総会が京都にて開催されました。以来、『京都会議』と呼ばれるようになりました。

サマコン(サマーコンファレンス)とは、公益社団法人日本青年会議所の運動を広く発信するために、各界を代表する著名な有識者をお招きし、政治・経済・社会など様々なジャンルのフォーラム・セミナーを開催する場です。

1966年(昭和41年)11月、国際青年会議所の世界大会(JCI世界会議)が日本で2番目の地として京都で開催されました。
その翌年の1967年(昭和42年)1月20日~22日、社団法人日本青年会議所通常総会が京都にて開催されました。以来、『京都会議』と呼ばれるようになりました。

サマコン(サマーコンファレンス)とは、公益社団法人日本青年会議所の運動を広く発信するために、各界を代表する著名な有識者をお招きし、政治・経済・社会など様々なジャンルのフォーラム・セミナーを開催する場です。

2312271629
2312271626
2312271629

公益社団法人 日本青年会議所

東海地区

愛知ブロック協議会

愛知ブロック協議会の様々な取り組み

21)tirasi_page-0001
415683012_754881803340107_6826926115526907247_n
21)tirasi_page-0001
415683012_754881803340107_6826926115526907247_n
21)tirasi_page-0001
415683012_754881803340107_6826926115526907247_n

愛知ブロック協議会について

公益社団法人日本青年会議所

愛知ブロック協議会

2024年度 会長

中村 尚人 君

(一般社団法豊川青年青年会議所 )

愛知ブロック協議会 2024年度 組織図

愛知ブロック協議会 会長所信

公益社団法人日本青年会議所
東海地区 愛知ブロック協議会
2024年度 会長所信
2024年度 会長 中村尚人
(一般社団法人豊川青年会議所)

【はじめに】
私は、今を最高に楽しみ
JCに所属していることに心から誇りをもち
愛知の未来にワクワクしています

どんな過去も、見方を変えることによって未来への糧となる。
どんな未来も、今この瞬間から始まっている。
今を素晴らしくできるなら、過去はかけがえのない価値となる。

過去=現在=未来
自分=家族=友人=恋人=仲間
33会員会議所=愛知=東海=日本=世界

全てはつながっていて、つなげているのは「人」
それをつなげてくれた全ての方々とのご縁に感謝しています。

地域や社会の課題をただ、課題として捉えるのではなく、課題に気づけていることをチャンスと捉え、それを解決できたらどんな未来になるのだろうかというワクワクに変える。

そんなワクワクであふれたチームができれば、愛知の未来はもっと楽しくなる!と私は信じています。
ワクワクであふれたチームを作るためには、たった一人のリーダーの行動から始まります。そのリーダーに一人のフォロワーが生まれ、やがて共感がつながっていくことで、仲間が増えていきます。

私は、地域の課題を可能性に変えるチームを作りたい。

【もっと楽しい愛知を未来につなげる縁JOYNT!】

《ご縁》
JCの出会いは、つながりを感じることが多く、出会いをご縁に変化させるパワーがあると感じています。
特に名刺交換の際、LOM名を伝えると「昔、○○君にお世話になりました!」と、出会ったばかりの方なのに、互いが「ご縁に感謝」している光景は皆さんも想像できるのではないでしょうか。
私は、この「当たり前の光景」を「特別な瞬間」だと感じています。

JCにいるからこそ使えるこの「ご縁」は、まぎれもなく、長い時をかけてJCの先輩や仲間たちが紡いできたからあるのです。40歳まで使えるこの「ご縁への感謝」をさらに広げ、未来につなげよう。

《ENJOY》
人には辛い時、悲しい時、自分の無力さに打ちひしがれる時が必ずある。
その実現したい未来への思いが強ければ強いほど、その挫折は大きなものになる。
起こったことは変わらないが、見方は変えられる。
どんな状況でも見方を変えることで、自分に与えられた成長のチャンスへと変化させ、成長した自分の姿にワクワクしながらそのチャンスを楽しもう!

自分に期待して
全てを楽しもう!!

《JOINT》
時を超えて人から人へとつなげてくれた「ご縁に感謝」し
どんな状況でも、見方を変えることで、成長した自分の姿にワクワクしながらチャンスを楽しもう!
あなたの楽しみながら成長する姿が、あなたの大切な人をさらに楽しくさせる!
楽しい場所に人は集まる!

「ご縁への感謝」と、全てを楽しもうとする「ワクワク」を原動力に
JCがもつ、人と人との「つながり」を最大限に活かして
もっと楽しい愛知を未来につなげよう
私たちが希望をもたらす変革の起点として
楽しみながら成長していく無数の輝く個性となり
時・人・世界との「つながり」をつなぐ架け橋になろう もっと楽しい愛知を未来に
縁JOYNT!

【家族・会社・社会にしあわせを広げるワクワクリーダーの育成】
時代に即した組織へ進化させるための33つの約束
・家族を大切にできる組織
・会社の成長につながる組織
・社会をより良くする組織

(2020年度日本青年会議所 組織改革会議)
2020年度、日本青年会議所において一丁目一番地とされた「組織改革」は、上記33つの約束を「新たな組織の姿」として明確にしました。この年に始まった新型コロナウイルスの感染拡大によるパンデミックは、WEB会議導入などの変化を生み出し組織を進化させましたが、本来実現したかった本質的な組織改革による「新たな組織の姿」へのアップデートは、現在も継続しています。

最近、注目されている「人的資本経営」においても、人財を「資本」として捉え、その価値を最大限に引き出すことで、企業価値を持続的に向上させることを目的にしており、人に無関心で、アップデートされていない会社は、人に選ばれず「滅ぶ」とも言われています。JCにおいても、会員減少が進むと同時に、会員の平均在籍年数が4年となり、経験の少ないメンバーが数多くいる状況だからこそ、今まで以上にメンバーの価値を最大限引き出し、組織をアップデートできる「新たなリーダーの育成」をすることで、家族・会社・社会にしあわせを広げるJCの「新たな組織の姿」を実現します。

家族・会社・社会から応援されるJCを、未来につなげよう!
人が成長するから組織が成長する
あなたの成長を、あなたの大切な人が待っている
アクションなくしてリアクションなし!
新たな仲間と共に、家族も、会社も、社会も、縁JOYNT!

【可能性をつなげる縁JOYNT拡大】
私は高校サッカー部にて外部指導員をしており、その関係で生徒達がJCの事業に参加する機会があります。その「ご縁」は生徒達を成長させており、感謝しております。2021年度、愛知ブロック協議会の国際事業に参加した22名の生徒は、当時の学びを活かし、現在海外で就職し活躍しています。
各地域にはそれぞれ異なる課題があり、33会員会議所は、33の異なる目的を掲げて活動していますが、最も共通する課題は会員拡大です。会員数の減少は組織運営に大きな影響を与えるだけでなく、JCの理念を見える化している「社会課題解決を実現する事業」の実施も厳しい状況です。

JCの出会いをご縁に変える力は、33会員会議所の未来への可能性です。愛知ブロック協議会が、33会員会議所から本当に必要とされるためには、数字を追い求める拡大ではなく、これからの未来を担う世代である高校・大学や企業との連携を進め「ご縁」を見える化することで、運動への参画を楽しみながら、JCの理念に共感した新たな仲間との「つながり」を広げる持続可能な仕組みを展開する必要があります。

高校教育の現場では、2022年4月より教科の垣根を越えて、生徒自身が自分らしさや将来の生き方について、自らテーマや課題を設定し、その目標に対して、他者と共に、試行錯誤しながら、能力や知識を養っていく「総合的な探求の時間」という新しい教育が始まっています。しかし「準備が大変」「時間の余裕がない」「教材づくりが難しい」といった教員への負担が大きいという課題を抱えているのも事実で、多様な価値観との「ご縁」を必要としています。

今こそJCの出会いをご縁に変える力を躍動させる時です!
互いの課題をチャンスに変え、もっと面白い愛知を未来につなげよう!
人は集めるのではなく、楽しい場所に集まるものだ
もっと成長したいからJCに入会したい!

20歳になったら、社会人になったら、JCで一緒に運動を起こしたい!
そんな自然と人が集まるJCになろう!
未来の多様性にあふれた可能性と縁JOYNT!

【JCの可能性をフル活用した国際連携】
私は2022年に国際アカデミーに参加する機会をいただき、ブルキナファソJC2023年度会頭のマルーフ君とバディになりました。熱いモジュールへの参加や、楽しんで踊り明かしたナイトセッションなど「成長のワープゾーン」と言われる時間は、一瞬で出会いをご縁に変化させてくれました。休憩の時間には、お互いの家族をビデオ通話で紹介し合い「人類の同胞愛」が、いとも簡単に未来につながるJCの可能性に感動しました。しかし国際アカデミーを無事卒業し、一週間後の2022年9月30日テレビからの情報に耳を疑いました。
ブルキナファソにて軍事クーデターが発生。激しい銃声が上がり、政情が緊迫化。
いてもたってもいられず、マルーフ君に「無事か?」とメッセージを送ると
「大丈夫。家族も無事だ。メッセージありがとう。」と友人の無事に安堵しました。

今までの自分であれば同じニュースを聞いても、今回のような行動はしてなかっただろう。しかし世界の仲間との「友情」が生まれたからこそ、今までの自分には出来なかったアクションを自然にしていました。
国際アカデミーに参加したことで世界との友情を知り、改めてJCは国際団体であるということを認識しました。卒業した方々も含めたら、ものすごい数の仲間が世界中にいるのです。この世界中で偉大なことを成し遂げようと変革の最前線に立つ若きリーダーたちとの国境を超えたネットワークをフル活用することで、友情を起点としたJCにしかできないビジネスマッチングを、愛知ブロック協議会が愛知と世界をつなぐ「ハブ」となり実現していきます。

それを実現していく上で、私が大切と思っていることは、参加者が自国の歴史や文化、それぞれの地域の魅力を「心躍らせて発信できる状態」になっておくことです。人と人とのつながりが、未来には人と地域とのつながりまでも生み出してしまう「ワクワク」にあふれたビジネスマッチングの機会をつくり、JCの可能性をフル活用した国際連携を進めてまいります。

世界は身近で、世界は広い
世界の仲間と縁JOYNT!

【命を守る防災】
2023年6月2日、東三河エリアを記録的豪雨が襲い、土砂崩れや車の浸水など甚大な被害をもたらしました。私の住む豊川市でも、39年間で経験したことのない惨状でした。近くを流れる豊川も朝から降り続く豪雨により危険水域に達しており、線状降水帯の影響により夜まで豪雨が続くとの事で、家族と妻の実家に避難しました。結果的に豊川の決壊は逃れ安堵したものの、家に戻ると町内の方々は誰一人として避難しておらず「もし豊川が決壊していたら」と考えるとゾッとしました。

BCP(事業継続計画)、防災協定など平時の準備は必要ですが、これらを発動させられるのは、私たちが「生き残って」からの事です。まずはご自身や家族、そして会社が生き残ることを考えてください。机上の空論ではなく、地に足の着いた「命を守る防災」が必要です。また、各地のJCは、社会福祉協議会等と防災協定を結び始めています。いざ、災害が起きた時にそれを確実に実行するためには、日々の緻密な打ち合わせや実際を想定した訓練などが必要です。

それを実現した上で33会員会議所メンバーが、人命救助等の基礎を身につけた防災リーダーへと進化し、県内JAYCEE総防災リーダー化を実現することで、自分、家族、会社の仲間だけでなく、一人でも多くの命を救い愛知の未来を守ることできるJCに進化しよう。
大切な未来を守る縁JOYNT!

【自分らしさを活かせるブロックアカデミー】
《JCI Mission》 青年会議所は、青年が社会により良い変化をもたらすためにリーダーシップの開発と成長の機会を提供する。
2022年、世界会議香港大会の総会にて、JCがリーダーシップの開発と成長の機会をいかに重視しているかを正確に示すためにミッションが再定義されました。JCは、変化する世界に対応するリーダーを育成する組織であるということがより明確に示されました。

本年46年目を迎えるブロックアカデミーは、33会員会議所のリーダーを生み出してきた歴史あるリーダー育成プログラムであり、新たな仲間とのつながりを生み出す「ワクワクの宝庫」でもあります。この先もJCの運動を理解し、「自分らしさ」を活かして、仲間と共に楽しみながら成長できる機会が必要です。33会員会議所から、多くの個性が集まる特性を活かし、新たな仲間との「ご縁への感謝」を大切に、どんな出来事も仲間と支え合い、地域課題を可能性に変化させることのできるリーダーとして一歩を踏み出そう!

人は集めるんじゃない 楽しい場所に集まる!
さあ自ら楽しもう!
新たな仲間と縁JOYNT!

【運動が起こるワクワク広報支援】
JCの運動は全て「社会の課題を解決することで、持続可能な地域を創ること」を誓っています。2019年度に、私がLOMの委員長として社会課題を解決すべく上程した議案書は、「正しい手法ではあるがワクワクしない」という意見により0ベースとなってしまいました。

なんとか審議通過し開催した事業は、正しいと思っていた当初の内容とは大きく変わりましたが、本当に多くの方々のサポートのおかげで3,000人もの来場者があり大成功でした。この時の学びは、「ワクワクする運動だったからこそ3,000人の来場者につながった」という事です。

どんなに正しい情報でも、伝わらなければ価値がない

私たちが行う運動は、全て社会課題を解決するために、一人でも多くの人に伝わり巻き込んでこそ、初めてその価値を発揮します。社会課題に対する現状を早く正確に伝えることが大切な時もありますが、現実の中にある理想の姿への小さな一歩である「ワクワク」が伝わることで、感情が動き、行動し、やがて運動が起こり社会課題を解決することができます。そして33会員会議所の支援を任務とする愛知ブロック協議会として、33会員会議所が実施する事業が、より多くの方々に伝わるよう積極的な広報支援や実践の共有を展開します。

運動が起こるワクワク広報支援で
一人でも多くの人に伝わる縁JOYNT!

【もっと楽しい愛知を未来へつなげるブロック大会】
2021年は愛知ブロック協議会として、2022年は主管LOMとしてブロック大会がまちにもたらすパワーを目の当たりにしてきました。
ブロック大会には、全ての「縁JOYNT!」があふれている。
期待と不安の両方を抱えて立候補した主管LOMをはじめとする担当エリア
共に愛知の未来をより良くしようと走り抜けた、志同じうする33会員会議所
仲間と共に1年間アクションした運動の集大成を刻む愛知ブロック協議会

ブロック大会を陰で支えるスタッフ
もっと楽しい愛知の未来をつなげる、愛知の可能性である高校生・大学生・企業

まちに33会員会議所のメンバーが集結する絶好の機会への感謝を、おもてなしの心で表現する市民・行政
誰か一人かけてもダメで、みんなが主人公

もっと楽しい愛知を未来につなげるために「今」を全力で楽しもう

地域の課題をチャンスに変える、全ての「縁JOYNT!」であふれたONE TEAMとなり
もっと楽しい愛知を未来につなげよう!!

ONE TEAMで縁JOYNT!

【終わりに】
恥ずかしながら私は、高い志をもってJCに入会した訳ではなく、同級生の誘いを断り切れず入会し、入会当初は例会に参加できる時のみ参加する程度でした。2年目に出向した愛知ブロックアカデミー委員会での参加は1回のみ。積極的に参加するメンバーを見て「なんであんなに楽しそうなんだろう」と、自分とのモチベーションの差を悲観していました。

しかしそんな自分を劇的に変えた「奇跡の瞬間」は、ありません。
ではなぜ「今」の自分があるのか。

それはJCを通して出会えた方々が、そんな自分でも「参加できる時でいいから参加してね」とか、顔を出しただけなのに「来てくれてありがとう!」と言って、こんな自分を歓迎してくれました。そんな「仲間の成長」を大切にする方々との「ご縁への感謝」の積み重ねが、少しずつ少しずつ自分の気持ちをポジティブに変え、いただいた数えきれない「ご縁への感謝」を未来につなげたいと、心から思える「今」の自分へと成長させてくれました。

JCには、出会いを「ご縁」に変化させるパワーがある。
そのパワーを生み出すのは、JCに関わった全ての「人」です。
そのJCに関わった全ての「人」こそが、JCにしかない特別な価値です。

愛知ブロック協議会は、本年で発足から66年目を迎えます。地域の未来を信じ、英知と勇気と情熱をもって今日の愛知ブロック協議会を築き上げていただいた先輩諸兄姉、そして日頃から当協議会に多大なるご支援、ご協力頂いている地域の皆様や関係諸団体の皆様への感謝と尊敬を胸に、受け継いだ「つながり」を次代につなげていくため、全力で楽しみながら運動に邁進していきます。

未来をつくる「今」というこの瞬間から
出会う全ての方々へ「恩送り」の精神を大切に
最高の仲間と共に「ご縁への感謝」と
全てを楽しもうとする「ワクワク」を原動力に
メンバーの個性をチームの強みとして最大限活かし
もっと楽しい愛知を未来につなげよう
縁JOYNT!

愛知ブロック協議会の青年会議所

会議体・委員会紹介

ワクワクリーダー育成委員会

委員長 藤野 希依
(所属:公益社団法人豊橋青年会議所)

家族・会社・社会にしあわせを広げ、ひとやまちにe n j oy

を提供し続けるためには、私たちメンバー自身がワクワク

しながら運動を展開する最強のチームであることが重要で

あり、そのようなチームには、今まで以上にメンバーや組

織が持つ無限の可能性を最大限に引き出し、巻き込むこと

ができるリーダーの存在が必要不可欠です。感動を届け、

ひとの心を躍らせることができるワクワクリーダーから次

代、その次へと新たなリーダーが生まれることで、もっと

楽しい愛知につなげます。

地域連携拡大委員会

委員長 徳石 翔太
(所属:公益社団法人名古屋青年会議所)

会員数の減少に伴い地域の社会課題を解決する運動を行う

ことが難しいL O M もあります。試行錯誤を繰り返し会員拡

大に取り組んでいますが、安定した成果に結びつけること

が難しくなっています。そこで、地域や若い世代を巻き込

んだ事業を継続的に行う環境を整えることで人とのご縁が

増え、将来J C に入会したいと思ってもらう可能性を生み出

し、また、J C の活動に共感する人を増やし、既存の会員に

も地域に必要とされる実感を得る仕組みをつくり、もっと

楽しい愛知につなげます。

国際連携推進委員会

委員長 加藤 大晴
(所属:一般社団法人海部津島青年会議所)

J C に受け継がれている国際的な機会を活かしていますか

?もっと活かしたいと思いませんか?英語が満足に話せな

くても、他国の言語がまったく話せなくても、それで全然

いいじゃないか。人と人がつながるために、言葉よりも大

切なものがあるはず。当委員会では、海外の方々とコミュ

ニケーションする際に必要となる自国や地域の魅力を発信

できる能力や異文化を理解する柔軟性を身に付けていただ

きます。そして、A S PAC のブース出展や国際ビジネスマ

ッチングを通して海外の仲間とつながる機会を提供し、も

っと楽しい愛知につなげます。

強いあいち確立委員会

委員長 加納 嵩之
(所属:常滑青年会議所)

愛知県はその豊かな地形のため、各地域で様々な自然災害

が予測される上に南海トラフ地震の問題もあり、早急な災

害対策が必要です。しかし、自然災害に対して自ら備え行

動できる人財は少なく、「明るい豊かな社会を築き上げる

」を理念とする青年会議所こそが、その一端を担う必要が

あります。そのため、青年会議所メンバーが想定し得る様

々な災害に対しての知識と行動を身に付け、有事の際に迅

速に行動できる防災リーダーを増やし、もっと楽しい愛知

につなげます。

ブロックアカデミー委員会

委員長 野畑 響平
(所属:一般社団法人岡崎青年会議所)

私たちは入会間もないメンバーにJ C の理念をはじめとする

基礎知識を学んでいただき、地域課題に関わる事業構築を

通して、将来L O M で活躍できる人財を創出できるようサポ

ートいたします。メンバーはL O M の垣根を超えて仲間と切

磋琢磨し、出向後も同期の仲間の存在が永遠に輝き続ける

友情を築いていただきます。私たちはメンバーにJ C の未来

を担うワクワクするリーダーへと成長していただき、県内

3 3 L O M が一層盛り上がるよう貢献することで、もっと楽し

い愛知につなげます。

共感広報ブランディング委員会

委員長 田村 一平
(所属:一般社団法人豊田青年会議所)

「社会の課題を解決することで、持続可能な地域を創る」

ためには正しい情報を伝えるだけではなく、より多くの人

に伝えて運動を展開しなければならず、人の心に訴え共感

できるように発信しなければ価値はありません。一人でも

多くの人たちに情報を伝え巻き込むためにも、3 3 L O M とし

っかりと連携を取り、ただS N S 発信を行うだけでなくワク

ワクを共感できる戦略的な広報活動を行うことで、もっと

楽しい愛知につなげます。

ブロック大会運営委員会

委員長 梅澤 侑未
(所属:一般社団法人 小牧青年会議所 )

今後も愛知が発展を続けていくためには、市民が中心とな

って地域における課題解決に向けて主体的に行動できる人

財が求められ、地域を先導する私たちの運動を広く発信す

る必要があります。しかし、愛知ブロック協議会の運動に

触れる機会は少なく、存在感が低い現状にあります。そこ

で、運動の集大成を最大限に発揮する機会を設け、開催地

の人々とつながりを持ち、多くの人の心に響く愛知ブロッ

ク大会を構築し、もっと楽しい愛知につなげます。

事務局

事務局長 関谷 冴基
(所属:一般社団法人 豊川青年会議所)

財政局

財政局長 田中 大造
(所属:一般社団法人 豊川青年会議所)

公益社団法人 日本青年会議所

東海地区

愛知ブロック協議会

〒442-8540
愛知県豊川市豊川町辺通4番地の4 豊川商工会議所内
TEL:0533-86-9223 / FAX:0533-84-5070